• 経産省のヘルスケアビジコン、7社が熱戦を繰り広げる 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 経産省のヘルスケアビジコン、7社が熱戦を繰り広げる 医師発ベンチャーの存在感増す 経済産業省は2019年1月30日に「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」を開催した。ファイナリストに選ばれたのはアンタ―、ニューロスペース、ウェルモ、リモハブ、T-ICU、NeU、カケハシの7社である。それぞれの発表内容を見ていこう。 [2019年02月06日]
  • グランプリはカケハシが獲得、経産省主催ビジネスコンテスト 特集・解説 デジタルヘルス事例 グランプリはカケハシが獲得、経産省主催ビジネスコンテスト 新設のアイデアコンテスト部門も注目集まる  経済産業省は2019年1月30日に、「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」を東京都内で開催した。ビジネスコンテスト部門では7社のファイナリストが登壇して最終プレゼンを実施し、カケハシがグランプリを獲得した。今年から新設されたアイデアコンテスト部門は3人がプレゼンし、全員に優秀賞が贈られた。 [2019年01月30日]
  • 赤ちゃんの便色をアプリでチェック、指定難病を早期発見へ ニュース 赤ちゃんの便色をアプリでチェック、指定難病を早期発見へ ウンログと高知大学医学部附属病院が連携 うんち記録アプリ「ウンログ」を手掛けるウンログは、高知大学医学部附属病院 小児外科 特任教授の大畠雅之氏と連携し、便色判定アプリを使った赤ちゃんの胆道閉鎖症のスクリーニングシステム構築に挑むと発表した。 [2019年01月25日]
  • 住むだけで“都市ストレスから解放される”家 特集・解説 デジタルヘルス事例 住むだけで“都市ストレスから解放される”家 光と音、匂いで森を再現 都市ストレスから解放される――。そんな住宅「xevoGranWood 都市暮らし森が家コンセプトモデル」を大和ハウス工業が2019年1月17日に発表した。同年1月19日から品川シーサイド展示場で展示および販売を開始する。 [2019年01月18日]
  • デジタルガレージ主催ピッチコンテスト、バイオヘルス関連4社が競う 特集・解説 デジタルヘルス事例 デジタルガレージ主催ピッチコンテスト、バイオヘルス関連4社が競う 「Open Network Lab BioHealth 1st Demo Day」から  デジタルガレージは2019年1月16日に、「Open Network Lab BioHealth 1st Demo Day」を開催した。バイオヘルス関連のベンチャー4社が登壇し、デジタルガレージ関係者などが選ぶベストチーム賞、パートナー企業が選ぶパートナー賞、来場者が選ぶオーディエンス賞を競った。 [2019年01月17日]
  • 課金代わりに“うんこ報告”も、ヘルスケアにゲームを 特集・解説 “脱ヘルスケア”の時代へ 課金代わりに“うんこ報告”も、ヘルスケアにゲームを ユーザーのモチベーションを高める「ゲーミフィケーション」を生かせ 課金の代わりに“うんこの報告”をすることでキャラクターを強くできる――。そんなソーシャルゲーム「うんコレ」の開発が佳境を迎えている。開発は日本うんこ学会を中心に進められており、早ければ2019年2月に無料で提供する計画だ。 [2019年01月15日]
  • 日経デジタルヘルスが選ぶ、2019年を占う10大キーワード 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 日経デジタルヘルスが選ぶ、2019年を占う10大キーワード  年末の恒例企画として、今年も日経デジタルヘルス編集部では新たな1年を占う10大キーワードを選出しました。2019年を展望する10のキーワードを、五十音順で紹介していきます。 [2018年12月27日]
  • 日経デジタルヘルス、2018年アクセスランキング 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 日経デジタルヘルス、2018年アクセスランキング  日経デジタルヘルスの2018年の年間アクセスランキング(1位~30位)を作成しました。ランキング上位には、どのような記事がランクインしたのでしょうか。見逃した記事はありませんか? [2018年12月25日]
  • 体調改善機器 用語辞典 デジタルヘルス用語 体調改善機器 人の健康や美容の増進、QOLの向上を目的とする機械や器具のこと。日本ホームヘルス機器協会が認定事業を行っている。 [2018年12月25日]
  • 健康づくりで技術連携、島津製作所や山口県など ニュース 健康づくりで技術連携、島津製作所や山口県など 人の健康と食の安全・安心を推進  島津製作所や山口県、山口市、山口大学の4者は、健康づくりなどをテーマとした技術連携に関する基本合意書を締結した。主な合意事項は、(1)「健康寿命の延伸に向けた取り組みに関すること」、(2)「ヘルスケア関連産業の振興に関すること」、(3)「山口県産食品の付加価値向上に向けた機能性の評価等に関すること」の3つ。(3)については島津製作所と山口県で取り組む。 [2018年12月21日]
  • 島根県益田市で市民の血圧や尿成分を測定するワケ 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 島根県益田市で市民の血圧や尿成分を測定するワケ 血圧はなぜ上がるのか、解明目指す 「IoTを活用して、血圧変動の要因を解明したい」――。そんな思いで、島根県益田市が取り組んでいるのが、「益田市スマート・ヘルスケア推進事業」である。市民のバイタルデータを測定し、血圧変動の要因解明や個人に合わせた血圧管理の実現を目指したプロジェクトだ。 [2018年12月17日]
  • データポータビリティー 用語辞典 デジタルヘルス用語 データポータビリティー  個人のデータはその人自身のものという考えに基づき、企業などがサービスを通じて収集・蓄積した個人に関するデータを本人の意思でいつでも引き出し、他のサービスへ移転できること。それを可能にする権利を「データポータビリティー権」という。 [2018年12月14日]
  • 睡眠は測って改善する時代へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 睡眠は測って改善する時代へ 「Health 2.0 Japan」で最新事例を紹介 日本人の4~5人に1人が悩みを抱えているとされる睡眠。この領域に、「ここ数年でさまざまなテクノロジーが活用され始めている」――。「Health2.0 Asia-Japan 2018」では、こうした状況下で登場し始めた睡眠関連のソリューションを複数紹介した。 [2018年12月06日]
  • 国内初の広域連携型SIBでがん検診を促進 ニュース 国内初の広域連携型SIBでがん検診を促進 キャンサースキャンや広島県域6自治体など キャンサースキャンとケイスリー、社会的投資推進財団、広島銀行、みずほ銀行、ミュージックセキュリティーズは、広島県域6自治体(尾道市、庄原市、竹原市、福山市、府中市、三次市)の広域圏で導入する「大腸がん検診受診勧奨事業」において、成果連動型委託契約の手法の1つである「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」を組成した。 [2018年12月03日]
  • 膀胱内の尿量確認デバイスを介護向けに、リリアム大塚 特集・解説 デジタルヘルス事例 膀胱内の尿量確認デバイスを介護向けに、リリアム大塚 膀胱に尿がどれだけたまっているかを簡単に確認することができる――。そんな機能を持った排尿タイミング予測支援デバイス「リリアムスポット」をリリアム大塚が2018年12月に発売する。 [2018年11月21日]
  • フレイル 用語辞典 デジタルヘルス用語 フレイル 健常な状態から要介護状態に移行するまでの中間的な段階のこと。加齢に伴って、ストレスに対する脆弱性が高まった状態で、生活機能障害を引き起こしやすいとされる。 [2018年11月12日]
  • 「体調改善機器」の認定制度が始まる コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 「体調改善機器」の認定制度が始まる 「体調改善機器」という新たなカテゴリーの認定制度が始まった。薬機法の対象となる「医療機器」とは一線を画すヘルスケア機器群に関わる認定制度である。 [2018年11月07日]
  • MBT研究所が目指す、連携による出口戦略 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 MBT研究所が目指す、連携による出口戦略 「Society 5.0」が目指すものは、医療・介護・健康で必要な要素と重なる――。奈良県立医科大学 産学官連携推進センター 教授の梅田智広氏は、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇。「MBT研究所による出口戦略およびSociety 5.0の実現」と題して講演した。 [2018年11月06日]
  • 損保ジャパン、ウエアラブルデータと疾病の因果関係を解析 ニュース 損保ジャパン、ウエアラブルデータと疾病の因果関係を解析 健康経営の高度化に向け、東大COIの研究に参画 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、健康経営の高度化を目的として、東京大学センター・オブ・イノベーション 自分で守る健康社会拠点カラダ予想図プロジェクトチーム(以下、東大COI)が行う生活習慣改善の研究に参画する。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は自社社員のウエアラブル端末から収集した活動データと健康診断データを、東大COIに提供。東大COIはこのデータの集団解析やリスク解析を実施し、その... [2018年11月02日]
  • 田中耕一氏の発明、日本の“漫画文化”が鍵だった 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 田中耕一氏の発明、日本の“漫画文化”が鍵だった 複雑なものを簡略化すれば、異分野融合の道が開ける 「異業種連携や異分野融合がイノベーションの鍵」。質量分析技術を発明し、2002年度のノーベル化学賞を受賞した島津製作所の田中耕一氏(同社 田中耕一記念 質量分析研究所 所長でシニアフェロー)は、「デジタルヘルスDAYS 2018」のカンファレンスに登壇し、こう話した。 [2018年11月01日]
  • 経産省が説く、ベンチャーイノベーション 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 経産省が説く、ベンチャーイノベーション 経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業 課長補佐の高熊万之氏は、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇。「ベンチャーによるヘルスケアイノベーション ~1st Well Aging Society Summitを振り返って~」と題して講演し、ベンチャーによるイノベーションの重要性を説いた。 [2018年10月31日]
  • 習慣化アプリ「みんチャレ」で糖尿病患者の治療継続を ニュース 習慣化アプリ「みんチャレ」で糖尿病患者の治療継続を エーテンラボとMSDが業務提携 エーテンラボとMSDは、メディカル・ヘルスケア領域における業務提携に合意した。エーテンラボが手掛ける習慣化アプリ「みんチャレ」の利用を医療機関・医療従事者を通じて糖尿病患者に促進し、糖尿病患者の治療継続率向上を目指す。 [2018年10月30日]
  • 「カラオケは健康産業だ」、第一興商 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 「カラオケは健康産業だ」、第一興商 第一興商 エルダー事業開発部 副部長の國尾慈照氏は、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇。「『カラオケ』は健康産業だ ~レジャー産業から健幸産業へ~」と題して講演した。 [2018年10月29日]
  • VR・行動変容・地域包括ケア… 最新トレンドを議論 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 VR・行動変容・地域包括ケア… 最新トレンドを議論 主催者企画「『次』を見据えるヘルステック最前線 by Health 2.0」から 医療・ヘルスケア分野における最新技術の活用事例などを紹介する国際カンファレンス「Health 2.0」。米国で始まった同カンファレンスは、2015年から日本でも開催されている。この日本版Health 2.0であるHealth 2.0 Asia-Japanの統括ディレクターを務めるのが、医師の上田悠理氏(メドピア)だ。 [2018年10月26日]
  • “冷え”を科学的に解明しQOL向上へ、クラシエ 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 “冷え”を科学的に解明しQOL向上へ、クラシエ 冷えやフレイルと疾病の関係を明らかにする――。クラシエホールディングスは、2018年に参画した弘前COIでそんな課題に挑んでいる。 [2018年10月24日]

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング