• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • 生体情報センシング、次の一歩を踏み出すために コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 生体情報センシング、次の一歩を踏み出すために “先人達の知恵の拝借”を 生体情報センシング分野の事業の場合、何から手をつけて良いのか、未参入企業は初期の検討だけで立ち止まってしまうことが多い。しかし、それは何の知識もないゼロの状態であるからに他ならない。ゼロから1(イチ)の状態に導かれれば、そこからアイディアが生まれ、1が100に発展することもある。 [2018年06月18日]
  • ロコモティブシンドローム 用語辞典 デジタルヘルス用語 ロコモティブシンドローム 筋肉や骨、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害が起こり、立ったり歩いたりする移動機能が低下した状態のこと。日本整形外科学会が提唱した言葉である。 [2018年06月18日]
  • オムロンが腕時計型血圧計を披露、常時測定が可能 特集・解説 デジタルヘルス事例 オムロンが腕時計型血圧計を披露、常時測定が可能 2018年度中に米国での発売目指す オムロンは、2018年6月8日に開催した2018年度の事業戦略説明会の場で、腕時計型の血圧計を披露した。身に着けていれば常時血圧を測定できるのが特徴だ。血圧の他に、睡眠や活動量を計測できる機能も搭載している。2018年度中に米国で発売することを目指している。 [2018年06月13日]
  • 「Philips HealthWorks」が始動、スタートアップを支援 特集・解説 デジタルヘルス事例 「Philips HealthWorks」が始動、スタートアップを支援 フィリップス・ジャパンは、デジタルヘルス分野の新規事業創出・事業支援を目的としたアクセラレータプログラム「Philips HealthWorks」を開始する。Philips社がグローバルで実施するプログラムである。2018年6月1日に日本代表選考事前説明会 兼 記者説明会を開催し、概要を明らかにした。 [2018年06月06日]
  • FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション ニュース FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション 靴やインソールに搭載したセンサーデータから健康アドバイス デジタルヘルスベンチャーのFiNCとNECは、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発する。慣性センサー(IMU:Inertial Measurement Unit)や通信モジュール、電源などを内蔵したウエアラブルセンサーを靴やインソールに搭載し、人の歩行データを取得。これらのデータから歩行状態(歩幅や歩行速度など)を高精度に推定する。 [2018年06月06日]
  • 排泄予測デバイス「DFree」、いよいよ一般向けに ニュース 排泄予測デバイス「DFree」、いよいよ一般向けに 個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始 トリプル・ダブリュー・ジャパンは、排泄予測デバイス「DFree」をいよいよ一般向けにも展開する。2018年7月1日に、個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始。販売価格は4万9800円(税別)で、14日間の返金保証を付属する。 [2018年06月01日]
  • テーマは「健康」、ネスレがアクサ生命と提携 特集・解説 デジタルヘルス事例 テーマは「健康」、ネスレがアクサ生命と提携 「LINE」を活用した新たなサービスも発表 ネスレ日本は2018年5月28日、健康寿命延伸と健康経営に関してアクサ生命保険とパートナーシップを締結したと発表した。ヘルスケアプログラム「ネスレ ウェルネス アンバサダー」を母体とし、健康意識の高い利用者に向けたヘルスケアサービスや保険商品の共同研究を行っていくという。 [2018年05月30日]
  • Apple Watchを外来診療に、「健康年齢」とも連動 特集・解説 デジタルヘルス事例 Apple Watchを外来診療に、「健康年齢」とも連動 メディヴァが「デジタル診療サポートサービス」を提供開始 患者の日々のバイタルデータや運動状況をApple Watchで収集し、その情報をスマートフォンアプリで医師と共有。医師が患者の日常を細かく把握できるようにするとともに、収集したデータから「健康年齢」を算出し、治療継続や生活改善への患者のモチベーションを高める――。 [2018年05月23日]
  • オンライン健康相談「first call」、NTTドコモのdヘルスケアと連携 ニュース オンライン健康相談「first call」、NTTドコモのdヘルスケアと連携 メドピアの連結子会社で、オンライン健康相談サービス「first call」を提供するMediplatは、NTTドコモが提供する「dヘルスケア」とサービス連携した。これによりdヘルスケアの有料会員であれば(月額利用料500円)、first callで身体の疑問や不調を感じたときにチャットやテレビ電話で医師に直接相談できる。 [2018年05月16日]
  • カケハシが9億円調達、次世代電子薬歴システムの機能拡充へ ニュース カケハシが9億円調達、次世代電子薬歴システムの機能拡充へ 新規事業立ち上げを見据えた組織基盤の強化も デジタルヘルスベンチャーのカケハシは、総額約9億円の資金調達を完了したことを発表した。調達先は、グロービス・キャピタル・パートナーズと伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Salesforce Ventures、SMBCベンチャーキャピタル、および既存投資家であるDraper Nexus Venture Partners、グリーベンチャーズ、500 Startups Japanである。 [2018年05月14日]
  • 富士通、妊産婦・子育て世帯の支援サービス ニュース 富士通、妊産婦・子育て世帯の支援サービス 「MBTコンソーシアム」での実証を経て商品化 富士通は、自治体や医療機関との連携により妊娠期を迎えた妊産婦や子育て世帯のケアなどを支援する「FUJITSU IoT Solution子育て支援ソリューション 妊娠期・子育て支援サービス」の提供を2018年5月11日に開始した。自治体や医療機関に向けて提供する。 [2018年05月14日]
  • 国循とフィリップス、「ヘルスケアAI」で戦略的提携 特集・解説 デジタルヘルス事例 国循とフィリップス、「ヘルスケアAI」で戦略的提携 「フィリップス 6.0」への大きな一歩と堤社長 国立循環器病研究センター(国循)とフィリップス・ジャパンは2018年5月10日、「ヘルスケアAI」への取り組みを中心とする戦略的提携を発表した。脳卒中や心筋梗塞などの循環器病の発症や重篤化のリスクを予測し、適切なタイミングで予防・治療するためのプラットフォームをAI(人工知能)を活用して構築する。 [2018年05月14日]
  • ルネサスが提案する「誰でも血圧計メーカー」 特集・解説 デジタルヘルス事例 ルネサスが提案する「誰でも血圧計メーカー」 必要な機能を丸ごとキット化、動作評価が即座に可能 ルネサス エレクトロニクスは、血圧測定に必要なほぼすべての部品や機能をパッケージ化した「血圧測定評価キット」を開発した。参考価格は5万9800円(税別)。2018年5月10日に受注を開始する。 [2018年05月09日]
  • テレビやセンサーを活用して自宅を病室に ニュース テレビやセンサーを活用して自宅を病室に オプティムが在宅医療支援サービスを全国展開 オプティムは、人工知能(AI)やIoTを活用した在宅医療支援サービス「Smart Home Medical Care」の提供を全国の医療機関向けに始める。在宅医療にかかわる業務の負荷軽減や効率化を推進するサービスである。 [2018年05月02日]
  • 小児科医不在の町、小児科医に遠隔相談する仕組みを実証 ニュース 小児科医不在の町、小児科医に遠隔相談する仕組みを実証 鹿児島県錦江町と埼玉県横瀬町、Kids Publicの「小児科オンライン」活用 デジタルヘルスベンチャーのKids Publicは、鹿児島県錦江町および埼玉県横瀬町と連携し、スマホで小児科医に遠隔で相談ができる同社の「小児科オンライン」を利用した共同実証実験を2018年6月1日に開始する。両町は小児科医が不在。全国の小児科医へのアクセシビリティーを向上させることで、子育て世帯の不安や経済的・時間的負担の軽減がもたらされるかを評価する。 [2018年05月01日]
  • ソシオネクストのモバイル超音波、各診療科に対応 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2018 ソシオネクストのモバイル超音波、各診療科に対応 整形外科や産婦人科向けの新プローブを開発 ソシオネクストは、ケーブルレスで手軽に持ち運べるモバイル超音波センサー「viewphii US」向けの新プローブを出展した。整形外科や産婦人科など、診療科ごとのニーズに対応する。同社はviewphii USについて、医療機器メーカーなどに製品化を提案しており、早ければ2019年度の市場投入を見込んでいる。 [2018年04月26日]
  • 「働く人の生産性向上委員会」発足、RIZAPなど3社 特集・解説 デジタルヘルス事例 「働く人の生産性向上委員会」発足、RIZAPなど3社 個人の能力をいかに引き出すか、第1弾は「食場改善プロジェクト」 「働く人の生産性向上委員会」。そんなプロジェクトを、エデンレッドジャパン、KOMPEITO、RIZAPの3社が立ち上げた。2018年4月19日に都内で記者会見を開催し、委員会の取り組みや発足の狙いなどを説明した。 [2018年04月25日]
  • バファリンの箱からアニメキャラクターが飛び出す! 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2018 バファリンの箱からアニメキャラクターが飛び出す! ライオン、医薬品の正しい理解をAR/VRで 解熱鎮痛薬「バファリン」の箱にスマートフォンをかざすと、画面にアニメキャラクターが飛び出してきた。何やら薬に含まれる成分の説明をしてくれるようだ――。 [2018年04月24日]
  • フレイル予防に向けた大都市モデル開発、都築電気など ニュース フレイル予防に向けた大都市モデル開発、都築電気など 東京都健康長寿医療センターと共同研究を開始 都築電気と東京都健康長寿医療センターは、高齢期のフレイルを予防する社会システム(大都市モデル)の開発に乗りだす。同モデルに関するICTシステムの共同研究を開始したことを発表した。 [2018年04月19日]
  • 従業員の睡眠を改善せよ! 帝人が提案 特集・解説 デジタルヘルス事例 従業員の睡眠を改善せよ! 帝人が提案 「Sleep Styles 睡眠力向上プログラム」始動 帝人は2018年4月17日、ウエアラブルデバイスやスマートフォンアプリなどを使って睡眠力の向上を図る「Sleep Styles 睡眠力向上プログラム」の提供を開始した。企業の健康経営のに向ける。2020年までに500社に提供することを目指している。 [2018年04月18日]
  • “AI×睡眠”で実証実験、ニューロスペースとKDDI ニュース “AI×睡眠”で実証実験、ニューロスペースとKDDI スリープテック事業を展開するベンチャー企業であるニューロスペースはKDDIと協力し、KDDI社員向けに睡眠改善の実証実験を開始する。ニューロスペースが開発した睡眠解析プラットフォームや睡眠計測デバイス、モバイルアプリなどを活用して睡眠データを計測・解析する。 [2018年04月16日]
  • AI解析でメンタルヘルス対策、ラフール ニュース AI解析でメンタルヘルス対策、ラフール プラットフォーム構想を発表 ラフールは、メンタルヘルスの課題解決に向けたプラットフォ-ム「LAFOOL PLATFORM」の構想を発表した。メンタルヘルスをはじめとしたヘルスケアビッグデータをAI解析し、対策ソリューションまでをシームレスに提供するオープンプラットフォームである。 [2018年04月13日]
  • 病気の発症リスクを“天気予報”のように 特集・解説 デジタルヘルス事例 病気の発症リスクを“天気予報”のように あの久山町がアプリ開発、DeNAなどとタッグ 福岡県 糟屋郡 久山町と九州大学、ディー・エヌ・エー(DeNA)は、疾患の発症リスクを予測し、個人の行動変容を促すICTツール「ひさやま元気予報」を開発した。2018年4月12日に久山町役場で開催した記者会見で発表した。 [2018年04月13日]
  • 「プレシジョン・ヘルスに軸足」、GEヘルスケア 特集・解説 デジタルヘルス事例 「プレシジョン・ヘルスに軸足」、GEヘルスケア 多田社長、成長戦略発表会で GEヘルスケア・ジャパンは2018年4月11日、「2018年成長戦略発表会」を開催し、同社代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏が登壇した。検査・診断・治療・予後の全領域で、コストを抑えつつ個別化したケアを提供する「Precision Health(プレシジョン・ヘルス)」に注力する方針を示した。「プレシジョン・ヘルスに向かって経営を進め、医療のコスト上昇や質のバラつきなどの課題解決につなげていく」... [2018年04月13日]
  • FiNCと竹中工務店、「健康なワークスタイル」を共同実証 ニュース FiNCと竹中工務店、「健康なワークスタイル」を共同実証 FiNCは、竹中工務店と共同で「健康なワークスタイル」についての実証を実施する。健康経営や働き方改革への注目が高まる中、働きやすいオフィスづくりに取り組む企業が増えてきているが、十分な知見が蓄積されている状況にない。そこで、今回の実証を通してワークスタイルと健康の関連を明らかにすることを目指す。 [2018年04月11日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング