• 柔軟性のある圧力分布センサー、タカノ 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2018 柔軟性のある圧力分布センサー、タカノ ベッドに設置して見守り用途に タカノは、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で柔軟性のある圧力分布センサーシステムを展示した。物と人の間に発生する圧力分布の測定に適しているという。ベッドに設置して高齢者の見守りに使ったり、ゴルフなどのスポーツのフォームを確認したり、イスなどの製品開発に利用するといった幅広い用途を想定する。 [2018年10月18日]
  • 経産省主催ピッチコンテスト、「Aging」で世界8社競演 展示会・学会速報 Healthcare Innovation Weeks Asia-Japan 2018 経産省主催ピッチコンテスト、「Aging」で世界8社競演 「1st Well Aging Society Summit Asia-Japan」から 経済産業省が2018年10月9日に開催した国際会議「1st Well Aging Society Summit Asia-Japan」では、世界のベンチャー企業による高齢化(Aging)をテーマにしたピッチコンテストが開催された。審査を通過したファイナリスト8社が最終プレゼンを行い、グランプリを競った。 [2018年10月17日]
  • 「デジタルヘルスの質を追求」、世界9社が最終ピッチ 展示会・学会速報 Healthcare Innovation Weeks Asia-Japan 2018 「デジタルヘルスの質を追求」、世界9社が最終ピッチ 「1st Well Aging Society Summit Asia-Japan」から 経済産業省が2018年10月9日に開催した国際会議「1st Well Aging Society Summit Asia-Japan」では、「Quality Digital Health」をテーマにしたピッチコンテストが実施された。世界9社のベンチャー企業が最終プレゼンを披露し、各社の事業を説明した。 [2018年10月16日]
  • バッテリー不要の介護施設向けIoT見守りシステム 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 バッテリー不要の介護施設向けIoT見守りシステム NISSHAとエヌ・デーソフトウェアが共同開発 センサーデバイスやネットワークの開発を手掛けるNISSHAは、エヌ・デーソフトウェアと共同開発した、バッテリー不要の介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を、「第45回 国際福祉機器展H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)に出展した。人感センサーやドア開閉センサー、温度・湿度センサーによって、離床による転倒防止や夜間徘徊などを見守るとともに、各データをエヌ・デーソ... [2018年10月16日]
  • 看護・介護記録業務を訪問先で完結、ワイズマン 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 看護・介護記録業務を訪問先で完結、ワイズマン 訪問系サービス向け記録システムを初披露 ワイズマンは、開発中の訪問系サービス向け記録システム「すぐろくHome」を「第45回 国際福祉機器展H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)で初披露した。スマートデバイスを用いて看護・介護記録にかかわる業務を外出先で完結し、事業所内でのタイムリーな情報共有と業務負担を軽減する。 [2018年10月16日]
  • バイタル測定値をAIスピーカーで入力、ワイズマン 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 バイタル測定値をAIスピーカーで入力、ワイズマン ワイズマンは、バイタル測定値をAIスピーカーの「Google HOME」などで音声入力できるシステムを、「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)に出展した。2019年1月に発売を予定している。 [2018年10月16日]
  • 学研ホールディングスがMCSを買収 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 学研ホールディングスがMCSを買収 運営居室数は業界4位に、サ高住とグループホームの相乗効果狙う 学研ホールディングス(東京都品川区)は2018年9月、日本政策投資銀行(DBJ、東京都千代田区)と共同で、グループホーム大手のメディカル・ケア・サービス(MCS、さいたま市大宮区)の株式を取得し、子会社化したと発表した。出資比率は学研HDが61.8%、DBJが38.2%。譲渡実行日は同年9月10日で、学研HDの取得価額は約90億円。 [2018年10月16日]
  • ショッピングモールに「介護」ののれんを掲げたワケ インタビュー ショッピングモールに「介護」ののれんを掲げたワケ 佐々木麻希氏 ポポ・ケセラセラ 取締役 JR姫路駅から徒歩10分弱のところにある「イオンタウン姫路」。その一角に、ドイツ風のカフェをコンセプトにしたおしゃれな佇まいのテナントがある。実はここは、短時間型のデイサービスを提供するスタジオだ。 [2018年10月15日]
  • 徘徊時の位置情報と在宅時の身体異常を同一センサーで検知 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 徘徊時の位置情報と在宅時の身体異常を同一センサーで検知 テクノスジャパンが「徘徊ナビ」 福祉機器を手掛けるテクノスジャパンは、「第45回 国際福祉機器展H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)に「徘徊ナビGP」を参考出展した。徘徊時の位置情報や居宅内における身体異常を検知するシステムである。 [2018年10月11日]
  • モーターなしのアシストスーツ、ゴムと布の変形を活用 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 モーターなしのアシストスーツ、ゴムと布の変形を活用 軽量で着脱も容易、早稲田大学と旭蝶繊維 モーターなどのアクチュエーターを搭載しないため、軽量で着脱も容易。そんなアシストスーツ「e.z.UP・イージーアップ」を早稲田大学 理工学術院 教授の田中英一郎氏らが、旭蝶繊維と共同開発した。2019年1月に発売を予定しており、「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」で披露した。 [2018年10月11日]
  • 自動調圧可能なエアマットレス、パラマウントベッド 展示会・学会速報 第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 自動調圧可能なエアマットレス、パラマウントベッド センサーで寝た人の体重や体形を検知 パラマウントベッドは、寝た人の体重や状態を検知し、床ずれ防止に効果的な硬さに自動で調節するエアマットレス「ここちあ利楽(りらく)」を2018年11月1日に発売する。「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)で披露した。 [2018年10月11日]
  • センサーとロボで入居者見守り、東京聖新会が運用開始 特集・解説 デジタルヘルス事例 センサーとロボで入居者見守り、東京聖新会が運用開始 特別養護老人ホーム「フローラ 田無」、まずは5床分を導入 東京聖新会 特別養護老人ホーム「フローラ 田無」は、ベッドサイドに設置したセンサーとロボットで入居者を見守るサービスを導入し、2018年9月10日に運用を始めた。「職員の負担軽減はもちろん、入居者のQOL(生活の質)向上に役立てたい」。同日に実施した内覧会において、東京聖新会 理事で同施設副施設用の尾林和子氏はこう語った。 [2018年09月13日]
  • ローソンが都内初の「ケアローソン」をオープン 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから ローソンが都内初の「ケアローソン」をオープン 医療法人龍岡会が介護・栄養相談窓口を運営 コンビニエンスストア大手のローソン(東京都品川区)は2018年8月1日、「ローソン千駄木不忍通り」(東京都文京区)をリニューアルし、都内初の「ケアローソン」をオープンした。コンビニの商品に加えて、OTC医薬品や介護食、介護用品などを販売し、調剤薬局や介護・栄養相談の機能も集約した。栄養相談窓口を設けるのはケアローソンでも初めて。 [2018年09月11日]
  • 厚労省の2019年度概算要求、自然増分は6179億円 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 厚労省の2019年度概算要求、自然増分は6179億円 医療従事者の働き方改革や高齢者の自立支援・重度化防止の強化などに重点 厚生労働省は2018年8月29日、2019年度予算概算要求を公表した。要求額は2018年度当初予算比7694億円(2.5%)増の31兆8956億円となった。年金や医療などの費用は29兆8241億円で、高齢化や医療の高度化などに伴う自然増分としては6179億円を要求した。今年7月に閣議了解された概算要求基準では自然増分を6000億円までに抑えることとされたため、政府全体では5982億円となった。 [2018年09月11日]
  • 食品の飲み込みやすさを指標化、武蔵野赤十字病院と明治 ニュース 食品の飲み込みやすさを指標化、武蔵野赤十字病院と明治 口腔から咽頭の「摩擦と潤滑」を考慮した計測装置を開発 武蔵野赤十字病院と明治は、口腔から咽頭の「摩擦と潤滑」(以下、トライボロジー特性)を考慮した新しい計測装置「F-bology Analyzer」を開発した。この装置の活用により、食品の飲み込みやすさなどを指標化することを目指す。さらに、より価値が高い食品の設計・開発や、テーラーメイド食品の開発も視野に入れる。 [2018年09月10日]
  • 仕事付き高齢者向け住宅、モデル事業を3施設で拡大展開へ ニュース 仕事付き高齢者向け住宅、モデル事業を3施設で拡大展開へ 新たにカゴメもモデル事業に参入 介護施設などで高齢者に仕事をしてもらい、社会参加を促す。そんなコンセプトで経済産業省が提唱している「仕事付き高齢者向け住宅」。そのモデル事業が拡大展開する運びとなった。 [2018年08月20日]
  • 全室に見守りセンサー設置の介護付き有老ホーム 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 全室に見守りセンサー設置の介護付き有老ホーム ライクケアネクストが横浜市磯子に新設 介護サービス事業を展開するライクケアネクスト(東京都千代田区)は、2018年7月に介護付き有料老人ホーム「フェリエ ドゥ 磯子」(88室)を開設した。全室への見守りセンサー設置、手厚い職員配置、住みやすさを重視した居室設計などを主な特色とする。 [2018年08月17日]
  • 作業療法士が立ち上げたRehab for JAPAN、1億円の資金調達 ニュース 作業療法士が立ち上げたRehab for JAPAN、1億円の資金調達 介護事業所向けのリハビリ特化型サービス「リハプラン」を手掛けるRehab for JAPANは、IF Lifetime Venturesとヘルスケア・ニューフロンティア投資事業有限責任組合などから総額約1億円の資金調達を実施した。同社は、作業療法士として現場で長年働いてきた経験を持つ大久保亮氏が立ち上げたベンチャー企業である。 [2018年08月10日]
  • 3つの「壁」と向き合え――未来への処方箋 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 3つの「壁」と向き合え――未来への処方箋 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」を踏まえて  今回の座談会を通して浮かび上がった未来への処方箋とは何か。それは、3つの「壁」と向き合うことではないだろうか。すなわち、(1)医療を担う各職種の役割の「壁」、(2)医療従事者と患者・生活者の情報共有の「壁」、(3)新たな仕組みの社会実装に向けた規制や持続性の「壁」、である(図1)。これらの壁をどう乗り越えていくべきかという議論を深めることが、未来を切り拓くキッカケとなりそうだ。 [2018年08月01日]
  • 緊急通報・安否確認にテレビ通話、NDソフトウェア 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 緊急通報・安否確認にテレビ通話、NDソフトウェア 定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスを支援 NDソフトウェアは、定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス向けソリューション「ほのぼのTV通話システム」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。テレビ電話システムや心拍計などのIoTセンサー、見守り支援システムなどを組み合わせて運用し、在宅患者の緊急通報対応や見守り業務を支援する。 [2018年07月30日]
  • AIで転倒リスク予測、バランス計測と問診票から 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 AIで転倒リスク予測、バランス計測と問診票から 富士ゼロックスと横浜市立大学医学部が共同研究  富士ゼロックスは、立位時の姿勢やバランスを計測し、問診結果と併せて転倒リスクを予測する技術を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。ロコモティブシンドロームの早期発見や転倒骨折の予防を狙うもので、横浜市立大学医学部と共同で研究を進めている。 [2018年07月27日]
  • ベッドセンサーで「先読み介護」の実現を目指す 特集・解説 デジタルヘルス事例 ベッドセンサーで「先読み介護」の実現を目指す リコーとミネベアミツミ、「みまもりベッドセンサーシステム」を発売 リコーは、ミネベアミツミと共同開発した「リコー みまもりベッドセンサーシステム」を介護施設に向けて2018年7月30日に発売する。2017年5月に両社が締結した共同事業開発契約の第1弾となる成果である。 [2018年07月25日]
  • 褥瘡の寸法をデジカメが自動算出、キヤノンメディカル 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 褥瘡の寸法をデジカメが自動算出、キヤノンメディカル 寝たきりの高齢者などが悩まされやすい症状の一つが、体とベッドの接触面の血行不良によって生じる褥瘡(床ずれ)だ。この褥瘡をデジタルカメラで撮影するだけでそのサイズを自動計測できる技術をキヤノンメディカルシステムズが開発し、「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。病院や介護施設に向けた技術提案を2018年内にも始める考え。 [2018年07月23日]
  • AIがバイタル異常値を早期発見、芙蓉開発 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 AIがバイタル異常値を早期発見、芙蓉開発 注意レベルをスコアリング、「科学的介護の実現」へ 芙蓉開発は、健康管理システム「安診ネット・カイゴ」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)で披露した。AIを使って介護施設入居者のバイタルデータを分析し、異常値を早期に検知することができるシステムである。2018年4月に販売を開始している。 [2018年07月19日]
  • 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 特集・解説 デジタルヘルス・トレンド 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 医療現場でどう活用されているのか 近赤外光を皮膚に照射することで非侵襲的に血管走行を映し出す「血管可視化装置」。2018年4月に医療機器大手のテルモが、5月には高知大発ベンチャーのプラス・メッドがそれぞれ新製品を発売し、にわかに注目を集めている。見えにくい血管への穿刺時に便利とされるが、実際の使い勝手はどうなのか? 現場の声を取材した。 [2018年07月18日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング