• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

特集

  • どうなる中国の太陽光市場!?(後半) メガソーラービジネス どうなる中国の太陽光市場!?(後半) 「補助金に頼らない太陽光ビジネスに転換へ」  中国政府が今年6月に公表した太陽光発電に関する引き締め策が、世界の太陽光市場に波紋を投げかけている。この政策変更により、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設は停滞を余儀なくされ、太陽光関連市場の縮小は必至とされている。中国の太陽光発電市場に詳しい、東北大学・未来科学技術共同研究センタの特任教授で中国太陽光パネルメーカーの顧問も務める陳宗欣(Jack Chen)氏に、太陽光政策に関する中国政府... [2018年08月14日]
  • 米加州で「住宅太陽光の設置義務」、その真意は? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米加州で「住宅太陽光の設置義務」、その真意は? 「ダックカーブ」で変化するグリッドのニーズにも対応  8月に入り、住宅用太陽光発電システムの販売・施工を行う米ビビント・ソーラー社が、米カリフォルニア州の新築住宅市場向けに、米国最大級のホームビルダーの1社と協業すると発表した。 [2018年08月09日]
  • どうなる中国の太陽光市場!?(前半) メガソーラービジネス どうなる中国の太陽光市場!?(前半) 「政策変更」を“予測”していたBloomberg  2018年5月末に、中国の中央政府が太陽光発電設備の導入に関する政策の変更を通知した。2017年の世界の太陽光発電設置市場が2016年から約31%増え、出力約98GWまで押し上げた最大の原動力となったのが中国だったことから、今後の設置市場にどの程度の影響が及ぶのかが焦点となっている。政策変更の動きを予知して市場を予測していたのが調査会社のBloomberg New Energy Finance(... [2018年08月08日]
  • 斜面に強く、自在に走れるラジコン型草刈機、太陽光で活用 PVロボット最前線 斜面に強く、自在に走れるラジコン型草刈機、太陽光で活用 乗用型では難しい急な斜面も、安全で高効率に除草 メガソーラーのO&M(運用・保守)において、草刈り作業は効率化の余地が大きい。より効率的な手法として、ラジコン型の草刈機を採用するメガソーラーが出てきた。乗用型に似た機構と効率性を持ちながら、人が乗らないためにより傾斜に強い仕様にできる。 [2018年08月01日]
  • 次々に見えてきた太陽光発電の「新たなリスク」 「再エネビジネス」最前線 次々に見えてきた太陽光発電の「新たなリスク」 <第9回>PCSメーカーの与信、廃棄パネル、託送料…新たな負担が顕在化  2012年の固定価格買取制度(FIT)施行後、太陽光発電所が爆発的に増え、その事業性の良さ、相対的に事業リスクが小さいことから多く新規事業者が参入した。 [2018年07月30日]
  • EVで「ダックカーブ」解消、系統蓄電池への投資を回避 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 EVで「ダックカーブ」解消、系統蓄電池への投資を回避 双方向制御で日中の太陽光発電を充電し、夕方ピーク時に放電  気候変動対策で米国をリードするカリフォルニア州は、太陽光発電、エネルギー貯蔵、そして電気自動車(EV)の導入量において、ダントツのナンバーワンである。 [2018年07月26日]
  • 「建材一体型太陽電池でエネルギー革命を」、ヘリオス・ニュー・エネルギーの崔CEOに聞く メガソーラービジネス 「建材一体型太陽電池でエネルギー革命を」、ヘリオス・ニュー・エネルギーの崔CEOに聞く メガソーラービジネス・インタビュー  米カリフォルニア州で新築建物への太陽光パネルの設置が義務化されるなど、「建材一体型太陽光発電(BIPV)」が注目されている。米テスラグループが「ソーラールーフ・タイル」を製品化するなど、技術開発も活発だ。中国市場でBIPV分野をリードしているヘリオス新能源科技有限公司(ヘリオス・ニュー・エネルギー・テクノロジー)の崔永祥(Yong-Xiang Cui)CEO(最高経営責任者)と陳宗欣(Jack ... [2018年07月25日]
  • 空撮画像の分析も自動化、「誰でもできるドローン点検」目指す PVロボット最前線 空撮画像の分析も自動化、「誰でもできるドローン点検」目指す 2MWのメガソーラーでは「分析時間3分」に  メガソーラーのO&M(運用・保守)において、太陽光パネルの不具合の発見や点検は、効率化が最も求められる作業の一つとなっている。中でも、赤外線カメラを使ってパネルの熱分布画像を撮影し、それを元に不具合の疑われる箇所を特定する作業は、手間のかかる分、効率化の効果が大きくなる。 [2018年07月20日]
  • 企業だけじゃない! 「RE100」目指す自治体が続々 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 企業だけじゃない! 「RE100」目指す自治体が続々 トランプ政権「パリ協定・離脱」への反発  昨年6月に米トランプ政権が、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した時、世界各国から反発の声が上がり、米国の再生可能エネルギー市場が大きく後退すると予測された。そんな海外の懸念と裏腹に、国内の市や州の地方自治体、さらに企業が団結を強め、「『ワシントン(連邦政府)なし』でも米国は再エネ目標を達成する」と、独自に気候変動対策に取り組む動きが加速した。 [2018年07月17日]
  • 豪雨でメガソーラーが倒壊し、第3者に損害が発生! 法的責任は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 豪雨でメガソーラーが倒壊し、第3者に損害が発生! 法的責任は? <第41回>土砂災害による造成地の崖崩れに関する法的リスク  豪雨に見舞われた太陽光発電所のパネルが崩れ落ちる事故が発生するケースについての法的責任については、このコラムの第36回で取り上げました。今回は、豪雨による土砂災害で発生した崖崩れにより、第三者に損害を与えた場合の法的責任について検討したいと思います。 [2018年07月12日]
  • 「メガソーラーは系統の安定運用に貢献できる」、米ファースト・ソーラー技術幹部に聞く メガソーラービジネス 「メガソーラーは系統の安定運用に貢献できる」、米ファースト・ソーラー技術幹部に聞く メガソーラービジネス・インタビュー  米ファースト・ソーラーは、薄膜系太陽光パネルの世界最大手であるとともに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発・運営の規模でも世界トップクラスの実績を持っている。日本でも石川県で他に先駆けて直流1500V仕様でメガソーラーを設計・着工するなど、大規模な太陽光発電のシステム技術をリードしてきた。同社で、太陽光発電システム開発担当のバイス・プレジデントを務めるマヘシュ・モルジャリア氏に、太陽光の大... [2018年07月11日]
  • 「刈り取り」で草が増えてしまうのはなぜ? 緑地雑草科学研究所に聞く(第7回・後半) メガソーラービジネス 「刈り取り」で草が増えてしまうのはなぜ? 緑地雑草科学研究所に聞く(第7回・後半) メガソーラービジネス・インタビュー  緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの第7回。「除草剤」「カバープランツ(被覆植物)」、「マルチ(土壌被覆資材)」に続き、今回は2回に分けて「刈り取り」を解説する。前半では、機械除草を採用する場合の管理手法を解説した。後半は「刈り取... [2018年06月28日]
  • 「再エネを適正に買える市場になって欲しい」、RE100が日本に期待すること メガソーラービジネス 「再エネを適正に買える市場になって欲しい」、RE100が日本に期待すること メガソーラービジネス・インタビュー  事業活動を100%再生可能エネルギー電力で賄うことを目指す国際的な企業連合「RE100」のサム・キミンス(Sam Kimmins)総括責任者は6月18日、日本記者クラブにおいて、記者会見した。 [2018年06月27日]
  • パナソニックとサンパワーが米市場でバトル!? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 パナソニックとサンパワーが米市場でバトル!? 「ACモジュール」と米国内での増産を競い合う 米国で高効率の太陽光パネル(モジュール)メーカーと言えばサンパワー (SunPower)。日本で高効率パネルと言えばパナソニック。そんな2つのプレミアム・パネルメーカーが米国の住宅用太陽光市場でバトルを繰り広げようとしている。 [2018年06月25日]
  • 太陽光の「自家消費」戦略を読み解く 「再エネビジネス」最前線 太陽光の「自家消費」戦略を読み解く <第8回>FITの次に来る再エネ市場の主役  太陽光発電の方向性の一つとして、固定価格買取制度(FIT)による売電ではなく、「自家消費」が大きなトレンドとなってきた。この背景にはいくつかの要因がある。今回は「自家消費」がこのままトレンドとなるのかについて解説する。 [2018年06月22日]
  • 今冬の大雪で、太陽光向け除雪サービスに脚光、損壊防止も目的に メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 今冬の大雪で、太陽光向け除雪サービスに脚光、損壊防止も目的に 北陸では常駐で除雪する案件も  2017~18年にかけての冬は、島根県から青森県までの日本海側などで、記録的な降雪が相次いだ。道路や鉄道で通行が長時間停止したほか、交通の遮断によって陸の孤島となった地域では、食糧や生活物資の入手が長期にわたって困難となった。 [2018年06月20日]
  • トランプ関税の影響ジワリ、米で続々と太陽電池の増産計画 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 トランプ関税の影響ジワリ、米で続々と太陽電池の増産計画 海外メーカーが工場新設、国内メーカーも増設を表明 中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、米国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。日本メーカーの京セラはカリフォルニア州、シャープはテネシー州、そして旧三洋電機(現パナソニック)はオレゴン州に2010年前後に建設された米国内での生産事業から撤退している。 [2018年06月15日]
  • 「草刈りは回数で決めない。草高30cmを基準に」。緑地雑草科学研究所に聞く(第7回・前半) メガソーラービジネス 「草刈りは回数で決めない。草高30cmを基準に」。緑地雑草科学研究所に聞く(第7回・前半) メガソーラービジネス・インタビュー  緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの第7回。これまで総論に続き、各論として、「除草剤」「カバープランツ(被覆植物)」、「防草シートなどマルチ(土壌被覆資材)」を取り上げた(関連記事)。今回は、2回に分けて「刈り取り」を解説する。前... [2018年06月14日]
  • 民法の改正で「EPC契約書」はどう変わりますか?(その1) 太陽光発電事業者のための法律Q&A 民法の改正で「EPC契約書」はどう変わりますか?(その1) <第40回>現状の契約約款上を点検することの必要性  昨年、民法改正法案が国会で成立し、いよいよ2020年4月から「改正民法」がスタートします。私は、大学で民法総則の講義を担当しているのですが、1年生向けの講義では、すでに新民法で講義をしており、新民法の施行を間近で感じています。 [2018年06月08日]
  • 近道をしない「RE100」達成への道(後半) 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 近道をしない「RE100」達成への道(後半) 電力規制下の地域独占電力と再エネプランでパートナーシップ  米アップルは4月、同社グループの全世界の事業運営で消費する電力に関し、「再生可能エネルギー100%」を達成したと発表した。 [2018年06月06日]
  • 太陽光事業に求められる「アセットマネジメントサービス」とは? 「再エネビジネス」最前線 太陽光事業に求められる「アセットマネジメントサービス」とは? <第7回>20兆円もの再エネ資産を効率的・効果的に運用 再生可能エネルギーの分野でも、「PVアセットマネジメント&O&Mカンファレンス」が開催されるなど、「アセットマネジメントサービス(Asset Management Service)」が注目を集めるようになってきた。 [2018年05月30日]
  • 米ラスベガスの巨大ホテル、メガソーラーで電力需要の3割を賄う! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米ラスベガスの巨大ホテル、メガソーラーで電力需要の3割を賄う! 屋根置き太陽光を自家発電、電力会社から離脱、そして「100MW」・・・  広大なテーマパーク、米ネバダ州のラスベガス。大きな人造湖での噴水ショーが有名な「ベラージオ」、古代エジプト・ピラミッドの形の「ルクソール」、滝のある南国リゾートのような「ミラージュ」、本当のニューヨークのような「ニューヨーク・ニューヨーク」――。これらのホテル・カジノは、社名と同名のホテル・カジノで知られているMGMリゾートが運営する。 [2018年05月28日]
  • 「日本向けに水上型や積雪対応を強化」中国トリナ・ソーラーの新戦略 メガソーラービジネス 「日本向けに水上型や積雪対応を強化」中国トリナ・ソーラーの新戦略 メガソーラービジネス・インタビュー  中国トリナ・ソーラーは、太陽光パネル事業が成熟期を迎えるとの認識に立ち、今後はパネルの信頼性や効率をさらに高める一方、発電システムとしての提案や、マイクログリッドの全体制御など、より川下分野に取り組み、事業モデルを転換していく。日本法人のトリナ・ソーラー・ジャパン(東京都港区)の陳曄(Chen Ye)社長に、日本における現状や今後の戦略などを聞いた。 [2018年05月23日]
  • パナソニックの太陽電池工場、製造設備がオークション 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 パナソニックの太陽電池工場、製造設備がオークション 雇用創出を期待されるも、10年足らずでオレゴンから撤退  「Yes Or No? Sold!(この金額でよろしいですか? どうですか? 落札!)」――。5月9日、パナソニックのエコソルーション・ソーラーアメリカが運営していた太陽電池のインゴットとウエハ工場の生産設備がオークションに出された。 [2018年05月21日]
  • 電力会社の都合で売電できなくなった場合,土地契約を無効にできるか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 電力会社の都合で売電できなくなった場合,土地契約を無効にできるか? <第39回>事業用地の売買契約における「錯誤無効」が認められる要件  固定価格買取制度(FIT)によって太陽光発電事業を行う場合、電力会社との売電契約と経済産業省からの設備認定(改正FIT後は事業認定)、そして発電事業を行う土地の確保(賃借契約か売買契約)の3つが必要になります。 [2018年05月18日]
  • 記事ランキング