特集

  • 国内初、ルンバのように自律走行する「ロボット草刈機」 PVロボット最前線 国内初、ルンバのように自律走行する「ロボット草刈機」 斜面や丈の高い雑草、基礎の横も刈れるように工夫  除草対策は、太陽光発電所の運営において、最も省力化や低コスト化したい作業の一つである。収益や安全性などに関連する作業ではあるものの、生産に直接関わってお金を生み出す作業ではないからだ。 [2018年12月06日]
  • 「2030年の再エネ目標は現状レベルで十分か? 本気で議論を」、三菱総研の井上・寺澤研究員に聞く メガソーラービジネス 「2030年の再エネ目標は現状レベルで十分か? 本気で議論を」、三菱総研の井上・寺澤研究員に聞く メガソーラービジネス・インタビュー  2012年7月に固定価格買取制度(FIT)がスタートして以来、太陽光発電は大方の予想を超えるスピードで導入が進んだ。一方、それに伴いさまざまな課題も表面化し、法改正やルール変更を繰り返してきた。 [2018年11月29日]
  • 太陽光パネルから発火! 不法行為責任は追及されますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 太陽光パネルから発火! 不法行為責任は追及されますか? <第45回>施工誤差を許さない製品設計はPL法上の欠陥にあたるか  「太陽光パネルから発火が相次ぐ」との記事がマスコミで報道されたこと受け、太陽光パネルの発火リスクに関する法律相談が寄せられています。 [2018年11月28日]
  • 未稼働案件「価格切り下げ」でどうなる太陽光市場 「再エネビジネス」最前線 未稼働案件「価格切り下げ」でどうなる太陽光市場 <第13回>FIT初期案件の「退場」でベストミックス達成に黄信号 太陽光発電の売電単価32円・36円・40円/kWhの長期未稼働案件を狙い撃ちした固定価格買取製制度(FIT)・特別措置法施行規則の改正が公表された。今回のコラムでは、業界誌ばかりでなく一般メディアも大きく取り上げている今回の制度改正案の内容を解説し、改正によって電力業界に与える影響について予測する。 [2018年11月26日]
  • 米中間選挙の影で、再エネ政策が大きく進展も 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米中間選挙の影で、再エネ政策が大きく進展も 住民投票と知事選でRPS義務量の拡大に大きな支持  11月6日に行われた米国の中間選挙では、民主党と共和党の上院・下院での議席争奪の行方が話題を集めた。実は、この選挙では、太陽光発電を含む再生可能エネルギー政策の今後に直接的に影響する各州レベルの住民投票と知事選挙も並行して実施された。 [2018年11月21日]
  • 「卒FIT後も居住者にメリット、事業者はビジネスチャンス」、JPEA・増川事務局長に聞く メガソーラービジネス 「卒FIT後も居住者にメリット、事業者はビジネスチャンス」、JPEA・増川事務局長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー  2019年11月以降、固定価格買取制度(FIT)による10年間の買取期間が終了する住宅太陽光発電が順次、出始める。こうした「卒FIT」の住宅太陽光では、経済メリットが見通せないことから「2019年問題」とも呼ばれる。この問題をどのように捉えているのか。また、停滞している住宅太陽光の将来像を含め、太陽光発電協会(JPEA)の掲げる「2030年100GW」ビジョンなどに関し、増川武昭事務局長に聞いた... [2018年11月15日]
  • 発電中の太陽光設備を、安全・正確に絶縁診断 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 発電中の太陽光設備を、安全・正確に絶縁診断 遮光や安全装置の取り外し不要、不良箇所まで把握  太陽光発電所の不良診断には、すこしコツの要る点検がある。それは、太陽光パネルから接続箱、パワーコンディショナー(PCS)までの間の直流回路における絶縁状態の点検である。絶縁されているべき場所が、正しく絶縁されているかどうかを調べる。 [2018年11月07日]
  • 米メガソーラー設計に見る「傾斜角」の決め方 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米メガソーラー設計に見る「傾斜角」の決め方 緯度より小さい「20度」選択し、夏季に効率的に発電  米国エネルギー省・エネルギー情報局(Energy Information Administration:EIA)によると、2017年までに米国で導入された発電事業用太陽光発電所のうち、累積容量で約40%は固定式架台に設置したものであった。 [2018年11月05日]
  • 「ヤギ除草」でCO2と経費を削減、山梨県が7年間で実証 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 「ヤギ除草」でCO2と経費を削減、山梨県が7年間で実証 2頭のヤギをメガソーラー周辺の法面に導入  甲府市下向山町にある「米倉山太陽光発電所」は、JR甲府駅からクルマで30分ほどの丘陵にある出力10MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)だ。山梨県企業局が、東京電力との共同事業として県有地に建設した。2012年1月に運転を開始した当時、国内最大級の規模を誇り、メガソーラー時代の先駆けとなった。 [2018年11月01日]
  • 急増する太陽光パネル洗浄の需要、ケルヒャーの部材が障壁を解消 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 急増する太陽光パネル洗浄の需要、ケルヒャーの部材が障壁を解消 円盤状のブラシで誰でも簡単に  太陽光発電所のO&M(運用・保守)で、最近、需要が増えているのが、太陽光パネルの洗浄である。土埃などが太陽光パネルに積もり続けると、発電量が減る。この発電損失を解消し、本来得られる発電量に近づける目的で実施される。 [2018年10月24日]
  • 「ESG」はメガソーラー事業にもリスクになりますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 「ESG」はメガソーラー事業にもリスクになりますか? <第44回>日弁連が発表した「ESGガイダンス」の影響 日本弁護士連合会は、2018年8月23日、「ESG(環境・社会・ガバナンス)関連リスク対応におけるガイダンス(手引)~企業・投資家・金融機関の協働・対話に向けて~」を公表しました。 [2018年10月22日]
  • 太陽光事業者が認識すべき「将来の経営リスク」 「再エネビジネス」最前線 太陽光事業者が認識すべき「将来の経営リスク」 <第12回>「主力電源化」や「大量導入」で生じる将来的な懸念材料  経済産業省が太陽光発電のコストダウンを急いでいる。2019年度は固定価格買取制度(FIT)による太陽光発電のほとんどについて、入札(オークション)によって単価決定をしたいと、意欲を示している。 [2018年10月19日]
  • 米加州、蓄電池向け補助金を強化、 総額10億ドルに! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米加州、蓄電池向け補助金を強化、 総額10億ドルに! 「貯めて使う」ことで、高い電気の購入を避ける  先月末、米カリフォルニア州のブラウン州知事は分散型エネルギーを貯蔵するシステムの導入を奨励するプログラムに関し、さらに5年間延長する法律に調印した。 [2018年10月18日]
  • バイパスダイオードの故障が約2秒でわかる、太陽光向け検査装置 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 バイパスダイオードの故障が約2秒でわかる、太陽光向け検査装置 遮光も不要、日中に検査可能な利点も  稼動を始めた太陽光発電所において、定期的に点検しておくことが望ましい太陽光パネルの不具合の一つに、バイパスダイオードの故障がある。 [2018年10月10日]
  • どうなる米太陽光市場!? 拡大・横ばい・縮小の3つの異なる予測 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 どうなる米太陽光市場!? 拡大・横ばい・縮小の3つの異なる予測 推進策の動向を巡り、2025年の市場規模で17倍の開き  北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2018」(2018年9月24~27日)がカリフォルニア州アナハイムで開催された。 [2018年10月05日]
  • 民法の改正で「EPC契約書」はどう変わりますか?(その3) 太陽光発電事業者のための法律Q&A 民法の改正で「EPC契約書」はどう変わりますか?(その3) <第43回> 工期遅延による責任の立証方法が変わる  民法改正法案が国会で成立し、2020年4月から「改正民法」がスタートします。匠総合法律事務所では、太陽光発電所の建設に関するトラブルを巡る法律相談が多く、複数の裁判も担当していることから、この領域における「EPC契約書」の改訂に関し、連載コラムを通じて情報を提供していきます。 [2018年09月28日]
  • 米国の事業用太陽光、コスト低下で「追尾型」が主流に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米国の事業用太陽光、コスト低下で「追尾型」が主流に 導入コストは「1.56ドル/W」、パネルトップはジンコ  米国における発電事業用の太陽光市場に関する最新の分析レポートを米ローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory:LBNL)が発表した。 [2018年09月27日]
  • 「太陽光の電気を貯められたら!」を検証する 「再エネビジネス」最前線 「太陽光の電気を貯められたら!」を検証する <第11回>太陽光発電における「蓄電池」活用法 北海道で生じたブラックアウトは、再生可能エネルギーの限界を感じさせた。いくら風力発電や太陽光発電が発電所としての機能を失っていなくとも、送電網がストップしてしまえば、電力を送り出すことができない。今回は、停電時に誰もが感じる「電気を貯められたら」を検証する。 [2018年09月26日]
  • 「太陽光パネルの下も刈れます」、乗用型草刈機の需要増で専用機も PVロボット最前線 「太陽光パネルの下も刈れます」、乗用型草刈機の需要増で専用機も 自動走行機の開発も進む  太陽光発電所の運営において、発電事業者やO&M(運用・保守)事業者を悩ませるのが雑草対策である。太陽光パネルよりも高く伸びれば、パネルの上に影を落として発電量を下げる。さらに過剰に繁茂した場合、何らかの原因で発電設備がアーク(火花)を発した際に、枯れ草に燃え移って火災の原因となりかねない。周辺地域に花粉や種、害虫などが飛散する恐れもある。 [2018年09月26日]
  • グリーンモンスター「クズ」に立ち向かうには? 緑地雑草科学研究所に聞く(第8回・特別編) メガソーラービジネス グリーンモンスター「クズ」に立ち向かうには? 緑地雑草科学研究所に聞く(第8回・特別編) メガソーラービジネス・インタビュー  緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの第8回。今回は、特別篇として、ツル性の大型雑草で、多くの土地管理者を悩ませている「クズ」を取り上げ、その特徴と対策について聞いた。 [2018年09月20日]
  • 米で検討の再エネ新政策「クリーン・パワー・スタンダード」、ダックカーブを改善 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米で検討の再エネ新政策「クリーン・パワー・スタンダード」、ダックカーブを改善 RPSを発展させ、需要ピーク時の「再エネ容量」確保を義務付け  これまで米国の太陽光発電を含めた再生可能エネルギー導入の主要な牽引役はRPS(再生可能エネルギー・ポートフォリオ基準=Renewable Portfolio Standard)だった。 [2018年09月19日]
  • 3つの設置角を採用した山形の「積雪対応メガソーラー」の検証結果 売電だけじゃない! 新・メガソーラー活用術 3つの設置角を採用した山形の「積雪対応メガソーラー」の検証結果 豪雪地域に合った運用を模索、除雪と除草はスポーツクラブに委託 山形県天童市大町にある「最上川流域下水道 山形浄化センター」は、山形県の下水処理施設で、山形県建設技術センターが運営している。この敷地内に、出力1.995MWのメガソーラーがある。 [2018年09月12日]
  • 「買取総額4兆円を巡り国民的な議論も」、経産省・新エネルギー課の山崎課長に聞く(後半) メガソーラービジネス 「買取総額4兆円を巡り国民的な議論も」、経産省・新エネルギー課の山崎課長に聞く(後半) メガソーラービジネス・インタビュー  今年7月に閣議決定された、「エネルギー基本計画」では、「再生可能エネルギーの主力電源化」が盛り込まれた一方で、エネルギーミックス(望ましい電源構成)の比率(22~24%)は据え置かれた。経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課の山崎琢矢課長に、同計画を受けた今後の再エネ政策の方向性に関して聞いた。インタビュー前半では、「主力電源化」への2つの課題など、今回の後半では、固定価格買取制度(FIT... [2018年09月06日]
  • 「再エネの主力電源化は世界的な流れ」、経産省・新エネルギー課の山崎課長に聞く(前半) メガソーラービジネス 「再エネの主力電源化は世界的な流れ」、経産省・新エネルギー課の山崎課長に聞く(前半) メガソーラービジネス・インタビュー  今年7月、新しい「エネルギー基本計画」が閣議決定された。同計画は3年ごとの見直しだが、今回初めて「再生可能エネルギーの主力電源化」が盛り込まれた。ただ、前回の見直しの際に掲げたエネルギーミックス(望ましい電源構成)の比率を変更しなかったため、再エネに関しては、「主力電源化」と明記されたものの、22~24%というエネルギーミックスの目標値は据え置かれた形になった。経済産業省 資源エネルギー庁 新エ... [2018年09月05日]
  • 中国の政策変更の影響は? トリナ・ソーラーに聞く メガソーラービジネス 中国の政策変更の影響は? トリナ・ソーラーに聞く メガソーラービジネス・インタビュー 2018年5月末に、中国の中央政府が太陽光発電設備の導入に関する政策の変更を公表した。世界最大の太陽光発電設置市場であることから、その影響に関心が集まっている  [2018年08月29日]
  • 記事ランキング