本講座は都合により中止とさせていただきました。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


 本講座は、実務で豊富な経験を積んだ講師が、現場での活用を意識してアナログ回路の本質を教えます。教科書だけでは学習できない内容で、アナログ回路の本質を学びたい方には最適な講義です。アナログ回路の基本的事項から、増幅回路などの等価回路、さらにCMOSアナログ回路技術に必須なOPアンプ動作までを理解します。アナログ回路に特有なレイアウトの考え方についても学びます。

 まず、CMOSアナログ回路の基礎を押さえます。ここでは、必須の基本的な定理・法則について事例を使って説明します。その上で、MOSFETの静特性および小信号動特性の概要、アナログ回路解析に必要な基本増幅回路の小信号等価回路について学ぶことで、等価回路から増幅度、周波数応答特性などが分かるようになります。

 OPアンプについては、入力部分となる差動増幅回路の動作から、バイアス設定に必要な電流源(電流ミラー)回路、参照電圧源回路などについて学びます。OPアンプはA-D変換器、Δ‐Σ変調器およびスイッチング電源などで入力(スイッチング電源では出力)データを瞬間的にサンプリングし、基準値と高精度に比較するのに使われます。また、OPアンプはフィードバック増幅回路や周辺回路を付加することで、さまざまな機能を持つことができます。OPアンプの動作を等価回路で説明し、その回路設計手順については計算事例を示します。応用として、入力段許容電圧範囲の拡大、位相補償などの方法について解説します。

 最後に、アナログ回路のためのレイアウトについて概説します。アナログ回路では素子(抵抗、容量、トランジスタ)を対で用いることが多く、それらの素子間で特性が一致(マッチング)していることが必要です。そのためのレイアウトの考え方を解説します。

 1日の講座ですが、本講座でアナログCMOS回路の本質を学ぶことで、現場で応用できるノウハウを得ることができます。

 この講座は、群馬大学 大学院 理工学府(電子情報部門)教授である小林春夫氏の監修のもと、アナログ回路設計の再入門講座として、デバイス、モデリング、回路、レイアウトからシステム、測定までをテーマにした一連の講座群のひとつです。本講座だけでなく関連のある講座を受講されますと、理解がより一層深まります。

受講効果

  • 改めて勉強しづらい、アナログ回路の本質について、深い理解を得られます。
  • アナログ回路の基本的な事項を把握することで、問題解決力が上がります。
  • OPアンプについて、基礎だけでなく応用を含めることで、現場で使える知識を得られます。

講師紹介

松田 順一 氏 (まつだ じゅんいち)

群馬大学大学院
客員教授

w120

1979年4月  東京三洋電機株式会社(後、三洋電機株式会社) 半導体事業部入社
2001年10月 三洋電機株式会社 システムLSI事業部 第一技術部 部長
2005年9月  三洋電機株式会社 退社
2005年10月 東光株式会社 半導体事業センター入社 センター長付
2008年10月 東光株式会社 半導体事業センター センター長
2009年3月  東光株式会社 退社
2009年4月  旭化成東光パワーデバイス株式会社入社(後、旭化成パワーデバイス株式会社) 技術統括
2013年9月  旭化成パワーデバイス株式会社 退社

2001年      群馬大学連携大学院 非常勤講師(客員准教授)
2002年~2005年 群馬大学連携大学院 非常勤講師(客員教授)
2006年~2008年 群馬大学地域共同研究センター 非常勤講師(客員教授)
2014年4月~9月 群馬大学大学院理工学府 非常勤講師(客員教授)
2014年9月~   群馬大学協力研究員

1995年3月 工学博士(同志社大学)

概要

日時: 2017年01月18日(水)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場: エッサム神田ホール 1号館301号室(東京・神田)
主催: 日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 読者価格:43,200円
  • 日経エレクトロニクス+
    日経テクノロジーオンラインセット購読付価格:66,000円
  • ※お得な複数名同時申し込みもできます。詳細は青いお申し込みボタンをクリック
■読者価格
「日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotiveとのセット購読含む)の方は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
■複数名同時申込価格
開催日の3日前(土日・祝日がある場合はその前日)に受付を終了させていただきます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1.• 基礎定理・法則

• オームの法則、キルヒホッフの法則、テブナンの定理、ノートンの定理、重ねの理論

2.• MOSFETの特性

• 強反転の特性、飽和領域の特性、弱反転の特性、小信号等価回路(低周波~高周波)

3.• 増幅回路と等価回路

• ソース接地、ゲート接地、ドレイン接地、カスコード接続

4.• 増幅回路の周波数特性

• 出力側ローパス・フィルター、遮断周波数、ミラー効果、入力側ローパス・フィルター、ソース接地とカスコード増幅回路の周波数特性

5.• 差動増幅回路

• 差動入力回路、差動入力と同相入力の電圧利得、許容入力範囲、全差動増幅回路

6.• バイアス回路と参照電源回路

• 電流源(電流ミラー)回路、低電源電圧用電流源回路、参照電圧源回路、参照電流源回路

7.• コンパレーター回路

• スイッチト・キャパシタ型コンパレーター、増幅器とラッチの過渡応答特性、高速コンパレーター、オフセット・キャンセル、出力バッファー回路

8.• フィードバック(帰還)回路

• 帰還増幅回路、帰還回路の利点、帰還増幅回路の入出力インピーダンス、帰還増幅回路例

9.• OPアンプ基礎

• OP回路構成例、OPアンプの構成要素(基本差動増幅回路、カスコード差動増幅回路、折り返しカスコード差動増幅回路)、OPアンプ設計手順(計算事例)

10.• OPアンプ応用

• 入力段許容電圧範囲拡大、出力バッファー回路低電圧化、位相補償、全差動型OPアンプ

11.• アナログ回路のためのレイアウト(素子マッチング)

• 抵抗と容量のミスマッチとその対策、MOSFETのミスマッチとその対策

12.• 付録

• 降圧型DC-DCコンバーター、kT/Cノイズ、伝達関数とフィルター(OPアンプを用いた積分回路を使用)

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払いと受講証について
≪1名でお申し込みの場合≫
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。

≪複数名同時申込の場合≫
お支払い方法が「請求書」の場合、お申込筆頭の方に、後日、筆頭の方の受講券と全員分の合算請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの場合、お申込筆頭の方はMyPageから受講証を印刷してご持参ください。
※支払方法にかかわらず、申込完了後にお申込筆頭者の方宛に、「登録完了メール」をお送りしますので、
 2人目以降の方はそちらを印刷してご持参ください。
 筆頭の方は、2人目以降の方に、「登録完了メール」の転送をお願いいたします。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。