無料セミナーのお申し込みはこちら

※本セミナーは協賛社(ルネサス エレクトロニクス)に受講者の情報を提供いたします。受講申込の受付は日経BP社が行い、お預かりした受講者情報を日経BP社から協賛社にお渡しします。それ以降は、各法人それぞれの責任において管理されます。ご了解のうえ、お申し込みください。

 「給電コネクター/ケーブルのスタンダード」と言って差し支えないほど、電子機器への給電で多用されているUSB。スマートフォンをはじめとする携帯機器がUSB充電を採用したことで、急速に普及しました。最大100Wの給電仕様「USB Power Delivery(PD)」により、その流れは今後も加速しそうです。2012年にUSB PDの最初の仕様が決まってからおよそ4年。2016年に入り、USB PDを搭載する機器が増えてきています。USB PDの仕様もバージョン3.0にアップデートされました。最近では、新しいコネクター「Type-C」を通じて、USB PDによる急速充電が可能になっています。

 充電用途で活躍するUSBですが、その不具合が後を絶ちません。中には、充電中に過熱して発火したり、水で濡れた状態で充電して感電したりと、重大な事故も起きています。USB PDによる大きな電力の供給が本格化すると、充電時のトラブルはより深刻になる恐れがあります。

 そこで本セミナーでは、USB充電の最新動向や充電トラブルの実態を踏まえつつ、USB充電の正しい使いこなし方を理解できる内容を目指します。

概要

日 時: 2016年11月17日(木)13:00~17:00(開場12:30予定)
会 場: エッサム神田ホール2号館(東京・神田)
主 催: 日経エレクトロニクス、日経テクノロジーオンライン
協 賛: ルネサス エレクトロニクス
受講料: 無料
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

13:00 - 14:30

スマホからタブレット、車載機器まで!
安心・安全なモバイル充電を目指す~MCPCのモバイル充電安全認証プログラムから~

w80

MCPC モバイル充電WG 主査

KDDI プロダクト企画部 プロダクト品質管理部 IoTグループ 課長補佐

新保 恭一 氏

スマートフォンやタブレット端末など、モバイル機器での充電トラブルが後を絶たない。そこでMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)では、モバイル充電における事故の実態を調査し、それを踏まえて事故抑制を目指した「モバイル充電安全認証」を2016年8月に始めた。電化製品の安全性を確保するためには、例えば「電気用品安全法」が既に存在する。だが、同法の適用範囲は、充電器で言えばコンセントとつなぐ「1次側」までで、モバイル機器をつなぐ「2次側」は適用外。現状の法令や規制などでカバーし切れない部分を補完するのが、モバイル充電安全認証の狙いの1つである。 この認証に合格した製品には認証マークを付与する。同マークにより、ユーザーは安全な充電器を把握できる。その対象は、AC-DCアダプターや充電用USBケーブル、モバイルバッテリーといった家電分野だけでなく、車載用DC-DCアダプター(シガーライター充電器)といった自動車分野も含まれる。本講演では、モバイル充電における事故の実態とその原因を紹介しながら、モバイル充電安全認証が誕生した背景やその詳細について解説する。


14:30 - 14:45 休憩


14:45 - 16:15

充電トラブル尽きぬUSB、「Type-C」充電の実態に迫る

w80

アリオン
取締役・相談役

大原 稔 氏

USB Type-C、およびUSB PDに対応した機器の充電仕様や市場での実装例などを紹介し、充電機能の設計上の注意点を説明する。また、アリオンはMCPCの「モバイル充電安全認証」の日本で最初の指定認証機関である。そこで、同認証について、受験や設計上の留意点について解説する。

プロフィール

USB-IF、SD Card Association,、MCPCなど規格団体に参加し、仕様、試験仕様の策定を行っている。

16:20 - 17:00

~Breaking new ground in USB technology~Safety Power TechnologyでDC給電に変革を

w80

ルネサス エレクトロニクス
第二ソリューション事業本部 ICT・ソリューション事業部
ICTソリューション部 エキスパート

友田 嘉幸 氏

Power Delivery 3.0策定の最も重要技術であるAuthentication(機器間認証)を、安全性向上の観点から解説するとともに、今後、市場で求められる高い安全性を実現するルネサスの“Safety Power Technology”についてご紹介する。

プロフィール

1986年 NECに入社。1995年 NEC半導体部門のUSB 規格のレビューアーとして参画し、以来21年間、開発からマーケティングまで幅広い業務に携わる。2016年現在、USBとパワーデリバリー製品を管轄、USB Implementers forum のボード(ルネサス)として活動。

  • ※途中、適宜、休憩が入ります。
  • ※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

無料セミナーのお申し込みはこちら

※本セミナーは協賛社(ルネサス エレクトロニクス)に受講者の情報を提供いたします。受講申込の受付は日経BP社が行い、お預かりした受講者情報を日経BP社から協賛社にお渡しします。それ以降は、各法人それぞれの責任において管理されます。ご了解のうえ、お申し込みください。