三菱ガス化学は、完全人工光型植物工場を建設して、工場野菜生産事業に参入することを発表した。同社の製造・研究開発拠点として2017年4月に竣工した「QOLイノベーションセンター白河」(福島県白河市)内に植物工場を建設し、日産2.6トン(1株80gのリーフレタス換算で3万2000株)の葉菜類生産設備で、日本最大級となる見込みだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!