認知機能リハビリ用ゲームがタブレットに対応

高齢者向けに操作性を向上

2019/01/07 07:00
河合 基伸=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 東京工科大学は、統合失調症などの認知機能障害者の就労支援などを目的としたリハビリテーション用ゲームソフトウエア「Jcores(ジェイコアーズ)」の改訂版を開発した。2019年4月をめどに病院施設などで運用を開始する予定。

リハビリテーション用ゲームソフトウエアの画面
クリックすると拡大した画像が開きます

 Jcoresは東京工科大学コンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授らの研究チームが、帝京大学医学部・池淵恵美教授らと2011年に共同開発した日本初の認知機能リハビリテーション専用のゲームソフトである。統合失調症など障害者の就労支援を行うプログラム「VCAT-J」として、デイケア施設や大学病院での臨床現場で運用されている。

 統合失調症では、注意や記憶などの認知機能の障害により、日常生活や就業がうまくいかなくなることが知られている。同ゲームソフトによるトレーニングで、これらの改善効果が報告されている。

 今回の改訂版(Ver2.0)では、従来のパソコン版(Windows)に加え、タブレット端末(iOS、Andoroid)にも対応するとともに、高齢者向けにタッチパネルなどの操作性を向上させた。こうした改良によって、より多くの病院施設などでの導入が期待されるとする。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング