東京電機大学工学部環境化学科准教授の藪内直明氏らのグループは、リチウムイオン電池の高エネルギー密度化に寄与する新しい正極材料の合成に成功した。合成に成功したのは、チタン・マンガン系の岩塩型酸化物。単位質量当たりのエネルギー密度は1000mWh/g以上と、現行の電気自動車(EV)のリチウムイオン電池で使われる正極材料のエネルギー密度を大きく上回る。EVの充電1回当たりの航続距離の延長につながる技術として期待される。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!