入善町沖洋上風力発電所(仮称)の完成イメージ(下新川海岸 古黒部地先より)
(出所:三井E&Sエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]
入善町沖洋上風力発電所(仮称)の完成イメージ(下新川海岸 八幡地先より)
(出所:三井E&Sエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]
施工方式
(出所:三井E&Sエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 三井E&Sエンジニアリング(東京都中央区)と、風力発電事業者のウェンティ・ジャパン(秋田市)は12月19日、富山県入善町沖東側の海域に定格出力7.495MWの洋上ウインドファーム「入善町沖洋上風力発電所(仮称)」を建設すると発表した。電気設備は2019年8月から、海上基礎は2020年4月に着工し、2021年1月に運転開始の予定。

 総事業費は約50億円。北都銀行を主体に地元金融機関によるプロジェクトファイナンスを組成して調達する。固定価格買取制度(FIT)に基づき北陸電力に売電する。売電単価は36円/kWh。民間資金100%で洋上ウインドファームを建設・運営するのは国内初になるという。

 定格出力2MW級の風車4基を、入善町の沖合600~800mに設置する。製造企業は非公表。立地する海域の水深は10~13mとなる。ロータ径は86m、海水面からブレード(羽根)先端の最高高さは121m、ハブまでの最高高さは78mとなる。洋上風車は、新たな観光資源として期待できるほか、海中部分の漁礁効果による漁業との共生など、地域活性化にも貢献する。

 洋上の風力発電設備で発電した電力は、約2kmの海底ケーブルと約2kmの陸上送電線によって北陸電力・入善変電所に連系する。

 施工方法は「洋上風車一括架設方式」を採用する。富山市西宮町の新日本海重工業・本社工場で、あらかじめタワーとナセル、ブレードを組み立てる。完成した風車を、三井E&S造船が建造したフォーク式台船に載せて約40kmの距離を海上移送し、事前に設置した海上基礎の上に直接据え付ける。

 洋上風車一括架設方式による風力発電設備の施工は国内初の事例になるという。洋上での作業を極力短期間にすることで、漁業への影響を抑え、工期の短縮化を目指す。

 今秋に「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(洋上新法)」が臨時国会で可決され、同法による海域利用ルールを使うと最大30年間の一般海域の占有が認められる。入善町沖の洋上風力は、新法による海域利用ルールを適用せず、富山県の条例により、3年ごとに占有許可を更新する形になる。

 ウェンティ・ジャパンは、羽後設備(秋田市)、市民風力発電などが設立した、風力発電を中心とした再生可能エネルギー発電事業会社。2018年12月19日現在、秋田県内に4カ所(8基)の風力発電事業の開発に関わり、3カ所(27基)を建設または開発中。