ソニーは、測距性能の向上と小型化を図った裏面照射型Time of Flight方式(以下、ToF方式)距離画像センサー「IMX456QL」を商品化、2018年4月からサンプル出荷を開始する(ニュースリリース)。サンプル価格は3000円(税別)。量産開始は2018年11月を予定している。自律的な動作が必要となるロボットやドローン、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などへの応用に向ける。

裏面照射型Time of Flight方式距離画像センサー「IMX456QL」
(出所:ソニー)

 ToF形式は、光源から発した光が対象物で反射してセンサーに届くまでの光の飛行時間(時間差)を検出して距離を測定する(関連記事)。ToF方式を採用したイメージセンサーは、画素ごとに距離情報を検出し、高精度な距離画像を出力する。精度向上のためには、反射光を効率よく捉えるとともに、高速に距離測定の処理を行う必要がある。

「IMX456QL」による取得距離画像。被写体距離0.5m
(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!