日立製作所と日立ビルシステムは、両社が販売・設置したエレベーターの一部と、日立ビルシステムがサイタ工業に部品供給しているエレベーターの一部において、戸開走行保護装置(UCMP:Unintended Car Movement Protection)に関する国土交通大臣認定で、適合していないものがあったことを公表した。不適合に該当するエレベーターは工事中のものを含めると約1万2000台。すべてのエレベーターについて安全性は確認できており、既設および着工済みのエレベーターは現在の仕様のままで利用できるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!