ニュース

グリーンエネルギーの国際的な業界団体、COP24で発足

2018/12/18 11:14
大場 淳一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 太陽光発電の国際的な業界団体であるGlobal Solar Council(GSC)は12月11日、ポーランドのカトウィツェで開催された第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)において、「グローバルグリーンエネルギー産業評議会(GGEIC)」を設立すると発表した(図1)。

図1●GGEICの設立について発表するGSC/APVIAのZhu Gongshan会長
(出所:Global Solar Council)
クリックすると拡大した画像が開きます

 GGEICの使命は、世界でグリーンエネルギー産業の普及促進や発展をさせることだという。GSC自体も3年前のCOP21で発足したばかりだが、今回のCOP24で太陽光だけでなくバイオマスなどの再生可能エネルギーや蓄電池を含むグリーンエネルギー産業の包括的な国際業界団体に拡大し、より広範な協調を目指す(関連記事)。

 GGEICの立ち上げには国際的または各地域のグリーンエネルギー関連組織が携わった。GSCに加えてGlobal Energy Storage Alliance(GESA)、International Institute for Energy Policy Innovation(IIEPI)、欧州バイオマス産業協会(EUBIA)、アジア太陽光発電産業協会(APVIA)などの組織である(図2)。

図2●GGEICを共同設立したGSCのZhu Gongshan会長(左から2人目)、EUBIAのAngela Grassi氏(右から2人目)、中国国務院の前参事兼中国再生可能エネルギー協会(CRES)前会長のShi Dinghuan氏(右)
(出所:Global Solar Council)
クリックすると拡大した画像が開きます

 また、GGEICの後援団体として、ソーラーインパルス財団(SIF)、欧州とアジア太平洋地域の主要国の太陽光発電や再生可能エネルギーの業界団体が名を連ねた。

 GSCとAPVIAの両団体で会長を務めるZhu Gongshan氏は、「グリーンエネルギーの開発は気候変動に対応する手段として重要であり、世界中のグリーンエネルギー産業が協調する必要がある」とGGEICの設立意義を述べている。

  • 記事ランキング