DeNAのAI創薬プロジェクト、ラクオリア創薬が参画

化合物情報の提供などで精度向上

2018/12/17 15:30
近藤 寿成=スプール

 ディー・エヌ・エー(以下DeNA)、DeNAライフサイエンス(以下DLS)、住商ファーマインターナショナル(以下、住商ファーマ)は、協働で進めているAI創薬プロジェクトにラクオリア創薬が参画すると発表した。

 DeNAとDLSは現在、AI技術を活用した製薬企業とAI創薬の実現可能性を検証する共同研究を実施しており、住商ファーマはAI創薬プログラムの完成に向けた活動の支援と、将来的な事業展開の役割を担っている。この活動にラクオリア創薬が賛同し、AI創薬プログラムの完成に向けて参画することになった。

 ラクオリア創薬は、名古屋市に研究拠点を有する研究開発型のベンチャー企業。最先端の生命科学技術を活用することで、医療分野においてニーズの高い疾患領域での新たな医薬品を生み出す「グローバル創薬イノベーター」を目指している。今回の参画にあたっては、AI創薬プログラムの実現可能性検証をさらに進める目的で、所有する化合物情報の提供などを行ってAI創薬プログラムの精度向上を図る。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング