ニュース

中部電力、風力と小水力を建設、田原市と静岡県川根本町で

2018/12/14 09:53
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
「いちしろ水力発電所」のイメージ図
(出所:中部電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 中部電力は12月11日、愛知県田原市に風力発電所「渥美風力発電所(仮称)」、静岡県川根本町に小水力発電所「いちしろ水力発電所」を建設すると発表した。両発電所とも2020年度に着工し、2021年度に運転を開始する予定。

 渥美風力発電所(仮称)は、渥美火力発電所の構内に風車2基を設置する。定格出力は7.4MW。年間発電量は、一般家庭約6000世帯分に相当する約1900万kWhを見込む。これは、年間9000tのCO2削減効果となる。

 発電機のメーカーおよびEPC(設計・調達・施工)事業者は検討中。2018年3月に固定価格買取制度(FIT)の認定を取得済みで、売電単価は21円/kWh。2019年度から準備工事に着手する予定。

 いちしろ水力発電所は、大井川水力発電所の維持流量放流設備の未利用落差を利用する。有効落差約10.6m,最大使用水量2.00m3/sで、定格出力は160kW。年間発電量は、約430世帯分に相当する約135万kWhを見込む。年間640t程度のCO2削減効果となる。

 発電機のメーカーおよびEPC(設計・調達・施工)事業者は検討中。FITは申請予定。

  • 記事ランキング