半導体後工程で、印刷によってパッケージ基板側にバンプを作り、低荷重・低温でフリップチップ実装を実現する技術「MONSTER PAC」について、同技術を開発するベンチャー企業コネクテックジャパンは全3工程の装置を0.8m×2.5mの卓上サイズに収めた「MONSTER DTF(デスクトップファクトリー)」開発1号機を、SEMICON Japan 2016(2016年12月14~16日、東京ビッグサイト)で展示する。独自開発したクラス100のクリーンチャンバー内で使用する。電源は交流100V。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!