芝浦工業大学は、水蒸気を利用してアルミニウム(Al)合金の強度と耐食性を高める表面処理技術を開発した。同大材料工学科准教授の芹澤愛氏の研究によるもの。現在、産学連携を進めており、数年以内に自動車部材や熱交換器などでの実用化を目指す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!