シャープは、独自の空気浄化技術とする「プラズマクラスター」において、イオン放出濃度を高めた新技術「プラズマクラスターNEXT」を発表した(ニュースリリース1)。併せて、同技術を搭載したエアコンと空気清浄機の新製品を2018年1月25日に発売する(ニュースリリース2ニュースリリース3)。

今回発売するエアコンと加湿空気清浄機
(写真:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラズマクラスターNEXTは、同社従来品の高濃度タイプ「プラズマクラスター25000」と比べて、2倍に相当する約5万個/cm3に室内のイオン濃度を高めた。ここでのイオン濃度とは、装置を壁際において、部屋の中央付近(床上1.2m)で測定した1cm3あたりのプラスイオンとマイナスイオンの個数を指す。同社はプラズマクラスターNEXTの開発に当たり、高濃度イオンの放出が可能な「第10世代イオン発生デバイス」を開発した。同デバイスは、高濃度を保ったまま効率よく部屋にイオンを放出できるように、形状などを工夫している。

第10世代イオン発生ユニット
(シャープの資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は今回の発表で、プラズマクラスター搭載製品の効果の実証結果を明らかにした。具体的には、慶應義塾大学 准教授の満倉靖恵氏の監修のもと、大人20名、小学5~6年生の子ども19名を対象に、人の感性を簡易分析する「感性アナライザー」を用いて、プラズマクラスターNEXTの効果を検証する実証試験を行った。約20畳の空間において、プラズマクラスターNEXTを搭載したエアコン・空気清浄機を約8時間運転させた部屋と、それらを設置していない部屋とで、部屋に入ってからの脳波を測定したところ、プラズマクラスターNEXT搭載品を置いた部屋では、ストレス度合いや集中度合いで有意な差が認められたという。この結果から、森林浴のようなリラックス感や、爽快感が期待できる「ストレスがたまりにくい環境」、「集中を維持しやすい環境」が作れることを確認したという。シャープによると、これらの効果は「今回初めて検証した内容なので、従来品と効果の比較はできない」というが、さらに高濃度化したプラズマクラスターNEXTの「新たな価値」として売り出していくようだ。

感性アナライザーを用いた検証結果
(シャープの資料)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!