完成予想図
(出所:SUBARU)
[画像のクリックで拡大表示]

 SUBARU(スバル)は11月27日、同社群馬製作所の大泉工場(群馬県大泉町)に、出力5MWの自家消費型メガソーラー(大規模太陽光発電所)を導入すると発表した。2019年度内に完成し、稼働を開始する予定。

 同工場の遊水池内に杭を立て、その上に太陽光パネルを設置する。年間発電量は5000MWhを見込み、工場内で全量を自家消費する。同工場における年間CO2排出量の約2%に相当する約2370tの削減効果となる。なお、土日などの休業日に発生する余剰電力の売電や蓄電は行わないとしている。

 日本ファシリティ・ソリューションが、設備を設置・運営するエネルギーサービスを提供するとともに、一定のCO2削減効果を保証するESCO型のサービス形態を提案し、SUBARUと基本合意書を締結した。

 設備面のEPC(設計・調達・施工)サービスは東電エナジーパートナーが担当する。太陽光パネルおよびパワーコンディショナー(PCS)のメーカーは公表していない。

 スバルは、2017年に改定した「SUBARU環境方針」に基づき、2030年度にスバルグループが直接排出するCO2の2016年度比30%削減(総量ベース)を目指している。今回の大泉工場メガソーラー導入は、4月に発表した地産地消型CO2フリー電力サービス「とちぎふるさと電気」に続く取り組みになる。