東京エレクトロン デバイスは、IoT(Internet of Things)を活用した予防保全に向けて、時系列データから装置の異常判別プログラムを自動生成する専用機「CX-M」を発売した。生成した異常判別プログラムは、任意の環境で利用できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!