ニュース

九電と三井物産、「卒FIT」想定し、蓄電池・VPPの実証実験

2018/11/28 10:46
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
実証実験の概要
(出所:九州電力、三井物産)
クリックすると拡大した画像が開きます

 九州電力と三井物産は11月26日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間終了に向けて、家庭用太陽光発電設備で発電した電力を蓄電池に充電することで自家消費を促し、電気料金を低減させるサービスおよびVPP(仮想発電所)の実証実験を行うと発表した。

 実証実験では、蓄電池を用いた余剰電力の自家消費による電気料金の低減効果を確認するほか、米SunvergeのVPPシステム「Dynamic VPP Platform」を活用した蓄電池の群制御動作実験も行う。期間は2019年春ごろから1年程度を予定している。

 今後の電力供給システムは、従来の大規模電源からVPPなどの分散型電源へ変化していくと予想される。両社は、今回の実証実験を通じてVPPなどの技術的知見を獲得し、将来的には蓄電池群制御技術の需給調整市場での活用や電力系統安定化などの新たな事業やサービスの展開を目指す。

  • 記事ランキング