パナソニック液晶ディスプレイは、同社従来品に比べて600倍となる、コントラスト100万対1以上のIPS液晶パネルを開発したと発表した。有機ELとの比較において弱点とされる、まばゆい光や黒の表現力を大幅に改善した。同社は、放送、映像制作、医療、車載向けなどのハイエンドモニター用途を想定しており、2017年1月にサンプル出荷を開始する

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!