水素エネルギー利活用センターの模型イメージ
(写真:東芝のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]
H2One事業所モデルの概要
(図:東芝のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2016年11月28日、府中事業所内に「水素エネルギー利活用センター」の建設を開始したと発表した(ニュースリリース)。再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池車に供給する地産地消型水素供給システム「H2One事業所モデル」として2017年4月から運転を開始する予定。

 事業所内の太陽光発電と新たに設置する太陽光発電により水素を製造し、圧縮・蓄圧する施設。製造した水素は、事業所内で運用する燃料電池フォークリフトに充填して運用する。燃料電池フォークリフトは、稼働時にCO2を排出しないため環境負荷の低減に貢献する。また、従来のバッテリー式フォークリフトよりも燃料の充填時間が短く、運用効率が高い。

 H2Oneは、独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。H2One事業所モデルでは、H2EMSに車両用の「水素需要予測アルゴリズム」を新たに搭載する。

 同アルゴリズムは、燃料電池車側の水素需要を予測することで水素の製造・圧縮量を最適に管理し、車両の水素充填ニーズに対応するとともに、事業所全体の水素貯蔵量を低減するなど省スペース化にも貢献する。

 東芝は、同センターをH2One事業所モデルの営業活動に活用し、同モデルの工場、物流拠点、空港などへの納入を目指す。