中国電化工業(本社山口県防府市)は、陽極酸化被膜(アルマイト)の表面に緻密な封孔処理層を設ける技術「ヤギマイト」「カワマイト」について「ものづくりパートナーフォーラム2016」(主催:日経ものづくり、2016年11月24、25日、東京・品川インターシティホール)に出展した。酸に対する耐食性を大きく高められる。封孔処理層は陽極酸化被膜の孔を埋めるため、真空部材に用いたときの孔からの物質の放出がなくなり、真空度を短時間に高められるようになるメリットもあるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!