ニュース

ネクストエナジー、蓄電池をAIで最適制御、「卒FIT」太陽光と連係も

2018/11/22 17:18
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
NX3098シリーズ
(出所:ネクストエナジー・アンド・リソース)
クリックすると拡大した画像が開きます

 再生可能エネルギー関連事業を手掛けるネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、自社ブランドのリチウムイオン蓄電システム「NX3098」シリーズにAI(人工知能)制御サービスを付帯して11月20日から販売開始した。

 AIによって蓄電池の充放電を最適化するサービス「グリッドシェアサービス」を付帯した。同サービスは、グリッドシェアジャパン(東京都港区)が提供する。AIが各家庭の日々の電気使用状況を学習し、ライフスタイルに合わせて必要な電力量を予測して蓄電システムを制御することで電気料金の削減が期待できる。英国で1000件以上の導入実績があるという。

 NX3098シリーズの本体仕様は、定格容量9.8kWh、実効容量8.8kWh。期待寿命は6000サイクル。屋外設置に対応する。本体の希望小売価格は285万円。グリッドシェアサービスの利用料は月額1200円(いずれも税別)。販売目標として年間2000~4000台程度を見込んでいる。

 2019年11月以降、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が順次終了することを受けて、蓄電システムの需要も急速に拡大すると予測される。同社では、太陽光発電と蓄電池システムの効率的な運用に加えて、将来的にはVPP(仮想発電所)事業への展開も含めて分散型エネルギー社会の実現を目指すとしている。

  • 記事ランキング