PTCジャパン(本社東京)は、現場の設備のデータとSCADAなどの情報システムを接続するためのOPCサーバーソフト「KEPServerEX」の新版「同 Version 6」をリリースした。KEPServerEXは「PLCなどの工場やプラントなどの現場設備向けと、SCADAなどの上位のアプリケーション(クライアント)向けのドライバー群」(PTCジャパン 執行役員専務の成田裕次氏)。新版のVersion6で追加・拡充されたのは[1]構成API、[2]ローカライズ、[3]OPC UA技術のネイティブ化、[4]ユーザーインタフェース、など。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!