国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、情報通信研究機構(NICT)、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校、ケンブリッジ大学などの研究グループは2016年11月22日、被験者につらい経験を思いださせることなく、記憶によって引き起こされる恐怖反応を弱める技術を開発したと発表した。従来法よりも治療中のストレスが少ない、新たな心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療法につながると期待される。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!