ニュース

「小水力+蓄電池」で小型EVに充電、津山市で稼働

2018/11/20 18:22
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
津山市桑谷エリス発電所
(出所:エリス)
クリックすると拡大した画像が開きます
制御盤と超小型モビリティ「コムス」、テープカットの様子
(出所:エリス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 小水力向け発電設備を製造・販売するエリス(岡山市)は、岡山県津山市に小水力発電所「津山市桑谷エリス発電所」を建設し、11月16日に落成式を開催した。水力発電所の放流水を利用した開放型小水力発電設備で、発電した電力は小型電気自動車(EV)の充電に活用する。

 設置した小水力発電設備「WaterWeco」は、低落差・低流量の環境下でも高効率で発電できるという。周速比1.0前後で淀みがあった状態でも効率40%以上の発電が可能としている。岡山県産業振興財団の技術支援のもと、同社と長崎大学、西日本流体技研(長崎県佐世保市)の3者で共同開発した

 定格出力500Wで、年間発電量4380kWhを見込み、これは一般家庭1~2世帯分に相当する。発電した電力は蓄電池に貯めておき、1人乗りの超小型EV「コムス」の充電に利用する。蓄電池容量はコムス1台分の充電量に相当する。また、災害停電時には携帯電話の充電などにも活用できる。余剰電力の売電は行わない。

 津山市の持続可能な街づくりビジョン「低炭素都市つやま」の一環として、2016年2月4日に津山市、JAつやまの3者間で締結された協定に基づき建設した。中山間地域の「ガソリンスタンド空白地帯」を埋めるガソリンスタンド代替モデルとして確立させていきたいという。

  • 記事ランキング