ドイツDaimler社傘下の三菱ふそうトラック・バスは2017年11月15日、同社の川崎工場の研究開発機能を強化するために118億円を投資すると発表した。投資するのは同工場第一敷地。本社機能に加えて研究開発の役目を担う「プロダクト・センター」を2018年末までに建設する計画だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!