お薦めトピック

Apple Watchを医療スタッフ向けに導入、新百合ヶ丘総合病院

PHS約200台もiPhoneへ

2017/11/20 10:30
増田 克善=日経デジタルヘルス
利用イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます
全病棟の患者向けiPadも利用拡大を予定
クリックすると拡大した画像が開きます

 新百合ヶ丘総合病院(神奈川県川崎市、院長:笹沼仁一氏)は、医療現場のスタッフ向けにApple Watchを導入、2017年11月20日に本格運用を開始する。1日に多くの電話を受ける病棟リーダー看護師や手術室・救急センター・ICUなどの医師・看護師に配布し、より効率性の高いコミュニケーションを検証していく。同時に、現場の医師の他、各部門の所属長のPHS約200台をiPhoneへ置き換える。

 スマートウォッチを採用した動機は、「両手が使えるため、医療現場ではとても有功だと考えた」(笹沼院長)という。特に、救急医療の現場などでの活用を期待する。

 加えて、iPhoneと連携して多彩なアプリが利用できることに着目。例えば、外国人患者との会話に翻訳アプリを利用したり、院内スタッフ間のコミュニケーションツールとしてLINE WORKSを取り入れたりといったことを想定している。

 同院では2012年8月の開院時から患者向けに全ベッドサイドへiPadを導入、2017年8月にはすべてiPad Proに刷新している。病院施設内の案内や入院生活の注意点などの他、インターネットや動画をいつでも見ることができ、売店での買物にも使用できるよう利用拡大を予定している。また、患者・家族への検査説明や治療法説明の他、外来待ち時間対策などに利用できるシステムを検討していくという。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング