実証実験における熱回収・利用のイメージ(図:積水化学工業のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]
実証実験場所となる大津市企業局水再生センター内の消毒槽および汚泥処理棟(左)と、消毒槽内に設置した熱回収管(右)(写真:積水化学工業のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 積水化学工業は2016年11月18日、大津市および関西電力と共同で、未利用エネルギー活用システム「エスロヒート下水熱(管底設置型)」を用いた下水熱利用実証実験を同日開始したと発表した(ニュースリリース)。従来は下水道管路からの採熱や処理後の処理水の熱を利用していたが、今回、下水処理場内の消毒槽で処理する過程の下水が安定した量を確保できることに着目した。

 下水温度は外気と比べ、年間を通じて15度~25度と安定しており、冬は暖かく、夏は冷たいという特性がある。この下水と気温との差(熱エネルギー)を冷暖房や給湯などに利用することで、通常の空気熱源ヒートポンプシステムと比較して、約20~30%の省エネ性とCO2排出削減効果が期待できるという。

 実証実験では、大津市企業局水再生センター内の消毒槽(塩素混和池)で処理される過程の下水の熱エネルギーを汚泥処理棟監視室の空調に利用して性能評価を実施する。また、下水熱採熱量を向上させる仕組みを取り入れ、さらなる熱回収性能向上に向けた検討評価などを行う。

 3者は、下水熱利用を普及促進するための共同研究を行っており、下水熱利用の可能性調査や事業スキームのあり方についての検討を進めている。今回の実証実験もその一環。共同研究および実証実験の期間は2018年3月末までの予定。