五ヶ瀬川発電所
(出所:旭化成)
[画像のクリックで拡大表示]

 旭化成は11月12日、宮崎県日之影町に保有する水力発電所「五ヶ瀬川発電所」の大規模改修工事を実施すると発表した。2019年10月に着工し、2021年10月に稼働する予定。

 1925年に竣工した流れ込み式の水力発電所で、最大使用水量は毎秒29.7m3。改修工事では高効率な発電機に取り替え、最大出力が13.5MWから14.5MWに向上する。また、CO2排出量を現状から年間1.1万t削減する。

 同社は1922年に宮崎県延岡市に創業して以来、五ヶ瀬川水系の水力発電所からの送電で事業活動を行っていた。現在は、合計9カ所の水力発電所(最大出力合計56.84MW)を所有する。また、2012年からバイオマス発電を開始し、今年9月には第3石炭火力発電所(出力3.4MW、1971年竣工)を天然ガス発電所に更新すると発表した。

 延岡・日向地区では、火力発電所5カ所を含めて使用電力の90%を自給しており、再生可能エネルギーは約40%程度を占める。また、他地区を含めた同社の国内全体の電力自給のうち約25%程度が再エネ由来という。