京都大学は、ロームおよび日新システムズと共同で、IoT向け新国際無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」に対応した無線機の基礎開発に成功したと発表した。IEEE802.15.4/4g/4e技術を核として、インターネット接続用国際規格およびIP技術をベースに無線機間の多段中継を実現するマルチホップ国際規格を統合した機能を搭載。スマートシティーやスマートメータリングを構成する各種センサー・メーター・モニターを手軽にインターネット接続できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!