京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、IoT向けのネットワーク「Sigfox」を日本で展開すると2016年11月9日に発表した(図1)。IoT向けに通信サービスを安価に提供するためのインフラを同社が構築する。契約回線数や通信回数よって変わるが、1回線当たり年額100円からのプランを用意する。「実際に応用で想定するモデルケースの1つは、1日当たりの通信回数が50回以下で、契約デバイスが数万台の場合である。1デバイスあたりの通信料金は年間で1000円を切る」(同社 代表取締役社長の黒瀬善仁氏)という。2017年2月にサービスを開始、2020年度までに累計接続デバイス数1500万台、年間売上高100億円を目指す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!