東芝と東芝マテリアルは2016年11月10日、レアアースの中でも特に希少な重希土類を一切使用せずに高い磁力と優れた減磁耐性を合わせ持った耐熱モーター用高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を開発したと発表した。2012年に開発した高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を基に、独自の熱処理技術を適用することで保磁力を30%向上させた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!