「名取ソーラーウェイ」の完成予想図
(出所:日本アジアグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本アジアグループは11月7日、宮城県名取市に出力約26.3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「名取ソーラーウェイ」の建設を始めたと発表した。同社傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)と国際航業(東京都千代田区)の連合体が発電事業者となる。

 宮城県農業高校の跡地を利用する。同校は、東日本大震災による津波に被災し、校舎が使えなくなったため、他地区に移転することになった。宮城県が同校跡地でのメガソーラー事業者を公募し、日本アジアグループ傘下の連合体が選定され、宮城県、名取市と事業実施に関する協定を締結し、準備を進めていた。

 太陽光パネルの設置容量は約26.3MWで、一般家庭約7700世帯の年間電力消費量に相当する発電量を見込む。固定価格買取制度(FIT)を利用して、全量を東北電力に売電する。2018年3月に竣工する予定。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは東光電気工事が担当し、太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。完成後のOM(運営・保守)サービスは、JAGエナジーアセットマネジメントが担当する。

 日本アジアグループは、環境教育、地域活動への参加、災害時における地域防災対策などにグループ全体で取り組み、東北地方の復興に貢献したいとしている。