ドイツVolkswagen社は2017年11月6日、ウォルフスブルグに新しい風洞実験センターをオープンしたと発表した。同センターは床面積が8800m2で、最大250km/hまでの風速を発生できる。また、-30~+60℃の気温、雨、炎天下、雪など、世界各地の様々な気象条件下を模擬して、車両を試験できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!