帆に太陽光パネルを組み込むことに関連する
(出所:エコマリンパワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 船舶用システムなどを手がけるエコマリンパワー(福岡市博多区)は10月26日、船舶の帆に太陽光パネルなどを組み込むための技術に関して、特許を取得したと発表した。

 同社では、太陽光パネルや風力発電システムなどを組み込める硬帆システムを「EnergySail」と呼び、事業化を目指している。貨物船やフェリー、沿岸警備船まで、幅広いタイプの船舶に適用できるという。

 今回、技術の中核要素に関する特許(特許第6020995号)を取得したとしており、これによって2018年に商用生産を開始できるとしている。

 硬帆システム内の格子構造や、突風時の負荷を減らす装置などに関する特許としている。太陽光パネルや風力発電システムの設置にも関する部分とする。