「福井・三国第一メガソーラー発電所」
(出所:京セラ)
[画像のクリックで拡大表示]
「福井・三国第二メガソーラー発電所」
(出所:京セラ)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京センチュリーと京セラが共同出資する京セラTCLソーラー(東京都千代田区)は11月7日、福井県坂井市三国町にある競艇場「ボートレース三国」の駐車場内の一部に建設していたメガソーラー(大規模太陽光発電所)の竣工式を開催したと発表した。

 出力2.3MWの「福井・三国第一メガソーラー発電所」と、1.1MWの「福井・三国第二メガソーラー発電所」で、10月31日に運転を開始した。買取価格32円/kWh(税抜)で、全量を北陸電力に売電する。

 「第一発電所」は、約5万5400m2の敷地に太陽光パネル1万200枚を設置し、年間予想発電量は約255万kWh(一般家庭約780世帯分の年間電力消費量に相当)、「第二発電所」は、約2万2800m2の土地に4800枚のパネルを設置し、年間予想発電量は約132万kWh(一般家庭約400世帯分の年間電力消費量に相当)となる見込み。

 発電事業者は京セラTCLソーラーで、EPC(設計・調達・施工)とO&M(運営・保守)サービスは京セラソーラーコーポレーション、太陽光パネルは京セラ製で、「第一発電所」は228W/枚、「第二発電所」は233W/枚となる。パワーコンディショナー(PCS)はドイツSMAソーラーテクノロジー製を採用した。

 京セラTCLソーラーが手掛けるメガソーラーで、北陸地方初となる。そのため、積雪対策として、太陽光パネルの設置角を25度まで傾け、パネル最低部と地面との設置高を、これまで他地域で概ね0.5mにしているのに対し、1m高くして、1.5mにした。

 京セラTCL ソーラーは、2012 年8 月の設立以来、今回の両発電を含め、全国で50カ所、合計約97.7MWの太陽光発電所を運営している。