九州工業大学、九州大学、兵庫県立大学、産業技術総合研究所(産総研)は2016年11月4日、レニウム金属の超伝導転移温度が“せん断ひずみ”の導入によって本来の値の約2倍まで上昇することを物理的に解明したと発表した。この現象は“せん断ひずみ”によって、結晶の最小繰り返し単位である「単位胞」の体積が増加し、電子状態の変化に伴って電子格子相互作用が増加したと説明できるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!