キヤノンは、6000lmの高輝度投写が可能なレーザー光源の4Kプロジェクター「4K600STZ」を発売する。有効画素数4096×2400のリアル4K-LCOS(Liquid crystal on silicon)パネルを備えており、大きさは559×624×201mm、重さは26kg。レーザー光源の4Kプロジェクターとしては世界最小・最軽量だという。デジタルサイネージやプロジェクションマッピング、CAD、各種シミュレーションなどに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!