鹿島は2016年10月27日、光ファイバーを用いたひずみ計測技術を応用し、PC(プレストレストコンクリート)に使用するPCケーブルの張力を計測する技術を開発したと発表した。この計測技術を、国道115号月舘高架橋上部工工事(福島県伊達市)の内ケーブルと外ケーブルに適用し、PCケーブルの緊張作業時の張力から、定着後や施工完了後の導入張力(コンクリートを圧縮する力)の分布まで、現場で精度よく計測できることを確認した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!