「伊沢池水上太陽光発電所」の空撮画像
(出所:シエル・テール・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
施工中の様子
(出所:シエル・テール・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光パネルや接続箱を水上に浮かべるための「フロート架台」の大手である、フランスのシエル・テール・インターナショナルの日本法人、シエル・テール・ジャパン(東京都中央区)は10月12日、徳島県にある池の水上で、出力630kWの太陽光発電所「伊沢池水上太陽光発電所」が竣工したと発表した。

 徳島県内で初めての水上型太陽光発電所となった。また、同社にとっても、発電所を開発・運営する初の案件としている。

 同社のフロートは、日本の水上太陽光発電所向けに累計で出力41MW(2016年9月時点)の供給実績がある。日本において、2017年度は合計出力70MWの受注を見込んでいる。

 こうしたフロートの販売やエンジニアリングといった事業に加えて、自社による太陽光発電事業にも取り組み始めた。その最初の案件となった。

 徳島県阿波市阿波町字東柴生にある伊沢池の水上を活用した。池を管理している阿波中部土地改良区から、水面を借りて太陽光発電設備を設置した。

 今後も阿波市内で3カ所の池で、合計出力約3MWの開発が決定するなど、日本の各地で水上太陽光発電所を開発していく。

 伊沢池の太陽光発電所では、設計・調達は自社、施工はスーパーツールECO(大阪府堺市)が担当した。太陽光パネルは京セラ製、パワーコンディショナー(PCS)は同じフランスの電機メーカーであるシュナイダーエレクトリック製を採用した。