古河キャステック(本社東京)はヒシヌママシナリー(埼玉県・嵐山町)と共同で、アルミニウム(Al)溶湯への鉄分の溶出を抑える特殊鋼「トケナイト」を用いたAl鋳造機「アルミホットチャンバーダイカストマシン」を開発した。鋳造の過程で発生しやすい鉄の溶損などによるコンタミネーションを防ぐことができ、Al鋳造部品の高純度化が可能。自動車部品用Alダイカスト部品の薄肉化と強度向上を図れる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!