図 実証実験施設のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2016年10月24日、充填圧力が70MPaの小型水素ステーションを用いた実証実験を開始したと発表した。

 同ステーションを東京都江東区青海に設置し、同社の燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」と可搬型の外部給電装置を用いて、都市環境下におけるCO2排出量の削減効果や、緊急時における発電設備としての実用性を調べる(図)。

 充填圧力が70MPaの水素ステーションは、太陽光発電システムで作った電力で水素を製造する。本体の床面積は、従来の同社の水素ステーション(充填圧力35MPa)より小さい約6m2である。同社が開発した高圧水電解システムによって、圧縮機を使わずに製造圧力77MPaの水素を24時間で最大2.5kg造れる。

 造った水素は約18kg貯蔵できる。この貯蔵量は、同社のFCVを約750km(JC08モード、社内測定値)走らせることができる量に相当する。FCVへの充填条件は外気温が20℃、水素タンクの圧力が10MPaからの満充填である。

 なお今回の実証実験は、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に基づいて行うものである。