監視カメラで撮影したテロリストの顔情報と、テロリストが使用する携帯電話機などの通信端末のMACアドレスを紐づけるシステム「Face2MAC」が「テロ対策特殊装備展(SEECAT)’16」(2016年10月19日~21、東京ビッグサイト)に登場した。スイッチや無線LANモジュールを手掛けるアライドテレシスが開発を進める。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!