中国電力は2016年10月21日、大成建設と共同開発を進める循環式養液栽培方式を利用した新しい「壁面緑化システム」の実証試験を、同日から「宇品天然温泉ほの湯」(広島市南区)で開始したと発表した。培養液循環システムの動作確認、植栽の生育状況の確認などを進め、システム全体の実用性を評価する。期間は2018年3月まで。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!