日立製作所は、IoT(Internet of Things)を活用して工場全体の最適な生産計画を立案する「工場シミュレーター」と、3DCADのデータを基に3D作業手順書を生成する「組立ナビゲーションシステム」を2017年11月から提供する。IoTプラットフォーム「Lumada」の産業分野向けシステムとして提供するもの。これらを活用することで、多品種少量生産の工場で生産リードタイムの短縮を図れるとしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!