「KPM2」シリーズの外観
(出所:オムロン)
[画像のクリックで拡大表示]

 オムロンは10月13日、屋外設置型の単相パワーコンディショナー(PCS)「KPM」シリーズに、PCSの定格出力以上の容量の太陽光パネルを接続する「過積載」に適した「KPM2」シリーズを追加すると発表した。耐環境性、施工性も向上したという。12月に販売を開始する。

 住宅用の太陽光発電システムは、制度の変更や発電コスト低下に伴い、いち早くグリッドパリティ(再エネ発電電力コストが電力購入費と同等以下)に達し、自家消費への移行が進むと予想されている。同社では、小規模な産業用なども、同じような状況になると想定している。

 太陽光パネルの入力電圧・電流を拡大することで、出力50kW未満の低圧連系の太陽光発電システムでも需要が高まっている「過積載」を採用したシステムに対応した。朝夕などの少ない日射量でもより多くの発電量を確保でき、売電額が増えることから、買取価格が低下している状況でも事業性を確保できるとしている。

 業界で初めて、1回路あたり11Aの入力を実現し、従来機の9.5Aに比べて、より高い電流のパネルに対応可能にした。入力電圧も450Vに対応した。

 また、製品裏面の配線部分に隠ぺい配線口カバーを追加して防水性能を強化したほか、新たに製品下部に配線用の管用口を設け、パテ埋めの工数を削減した。