ヴァイナス(本社大阪市)は2016年10月17日、数値流体解析(CFD)用メッシュ作成ソフト「Pointwise」(米Pointwise社)の新版「同V18」を発売した。CFDの計算精度は、流体の通る空間を細かく区切るメッシュの形状や大きさによって影響を受け、特に自動車の車体表面近く、航空機の機体表面近くの境界層には、流れの方向に沿った形のメッシュにすることが望ましい。Pointwise V18では、境界層に相当する部分にほぼ6面体のメッシュを設定できるようにした(図1)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!